スポンサーリンク

女性向け もう不倫をしたくない不倫女子へ。ネットで出逢うのもひとつの手。私の体験談も交えて。

不倫
janeb13 / Pixabay
この記事は約10分で読めます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

みなさん、こんにちは!ジャンヌです。

 

ジャンヌ
ジャンヌ

真夏日だ~!アイスだ~!と言う日々もほんの数日。

秋空で雨が続いている今日この頃ですね。

今日は、

もう不倫をしたくない不倫女子へ。ネットで出逢うのもひとつの手。私の体験談も交えて。

と言うテーマでお話していきたいと思います。

みなさん「不倫女子」って言葉、ご存知ですか?

簡単に言うと、”なぜか不倫の関係になりやすい女性”を差しています。

ジャンヌ
ジャンヌ

私、気が多いのかなぁ。

身近にいる誰かがすぐ魅力的に感じちゃう。

不倫女子が不倫のループから抜け出すためには、自力で意識することじゃ足らないことがほとんどだと思います!

保険かけてちゃんと行動しないと、次の恋愛がまた「不倫」かも知れません。

そこで今回は、出逢う方法が「ネット」と言うことでお話をしてみたいと思います。

 

時代の流れ的には全然不思議のない出逢いの方法となってきましたので、時代の流れに乗るのもぜんぜんありな事ですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安全圏はお見合いや婚活パーティー!だけどそこまでの行動力はないというあなたには、せめて「不倫じゃない」誰かと出逢ってみて!

私の経験上、不倫をしてしまうタイプの人は間違いなくとりあえず一旦シングルの人とちゃんと出会うべきだと思っています。

法に触れるような「不倫」をするより、全然マシ!です。

そこでこれまでの記事でもおすすめしているのが、相手が結婚を前提としたお付き合いを望む「婚活パーティー」がお手軽かなと思います。

 

お見合いだとちょっと重たい気がしてしまいますが、婚活パーティーだと結構色々なところで開催されていますからね。

重たい出逢いでプレッシャーになるより、気軽に行ける方が望ましいでしょう。

それでも尚、「いやいや、色々あってそんなアクティブになれないよ」と言う方もいらっしゃると思います。

 

私もそうでした。

登録ボタンを押そう押そうとサイトを見に行くことまではしても、また不倫を繰り返すタイプだなんて自覚をしていないので「ガツガツ行くのも恥ずかしいし」ぐらいに思っていました。

でも、いわゆる不倫するタイプの「不倫女子」と言われる定義に当てはまっていると、いつまた不倫をするかわかりませんよね。

 

そこで、保険に入ったぐらいに気持ちで自分でちょっと行動してみることを私はおすすめしています。

どこでどうやって出逢うの?例えばどんな感じの出逢いをしたの?

スマホの時代となった今は「アプリ」がたっくさん出ています。

次々と新しいのが出ているので、色々と試してみる人が多いのではないでしょうか。

なので、結論としては「出会えるアプリをインストール!」ってことですね。

 

でもこれがTwitterやfacebookでも可能なわけです。

どれがってことではなく、自分以外の誰かとつながることが出来るツールで出逢えばいいと思いますが、目的が一緒の方がいいでしょう。

という事で、私の場合はちょっと古い話になるのですが初婚の相手が掲示板から知り合った人でした。

結局は離婚してしまった人ではありましたが、それまで私の心の支えとして良き出会いだったと思っています。

 

ところで、掲示板って!?

表現がたぶん古いですよね・・・(;’∀’)

インターネットが出始めたばかりだったので「友達になりませんか?」っていう掲示板があって、それに「〇〇在住です。お友達になりませんか?」っていう感じの書き込みがあって人が集まる感じだったんです。

今の時代でも根本は変わっていませんね。

 

そこからメールの交換がはじまり、長らく文通のように色んなことを話していると気心も知れてくるわけです。

会ったこともありませんでしたが、内面に惹かれてきていたんです。

私の場合は遠方の方だったのですぐにお会いする流れにはなりませんでしたが、たまたま私が彼の住む街に行くことになった時に会うことになって交際するに至ったというわけです。

 

ですので、出会いを目的としたアプリをインストールするのが最近の方法だと思いますが、遊び目的の人もいるので注意が必要ですね。

婚活パーティーだとかお見合いだとか、「結婚を前提とした交際を求めるもの同士」と言うくくりで会員を呼び込んでいるものに限定した方が安全だと言えます。

 

というのも、私が次に知り合ったのがTwitterのDMからです。

これまたプロフィールに「近くに住むお友達募集」的な事を書いていたので見た男性からの連絡でした。

 

出逢うきっかけとなるツールはいくらでもありそうですよね。

ただ、先ほどにも書いたようにお互いの目的をはっきりさせて利用することが可能な時代です。

「婚活」、「とりあえず友達が欲しい」といった目的から利用するツールを絞ると良いですね。

 

ただし、注意!

私の経験上、ネットから知り合う時ってある程度こちらの条件も出しやすいですよね。

例えば、「独身者限定でお友達から」「バツイチ限定で探してます。同じ境遇の方、お友達からはじめませんか?」など。

私は「借金のある方はNG」とか、思いっきり書いてたんですよね。

 

色々あってお金の件は痛い人生を送ってるので・・・(;’∀’)

ところが平気でウソをつかれたことがあるんです。

と言うより、そういう希望条件で出していても実際にちゃんと確認しなきゃダメだなと思いました。

私はてっきりそれらを踏まえてOKってことで連絡をくれたんだと思ったのですが、いざ付き合いだしてから聞いて見たら借金踏み倒し男だった件が2回あります。(苦笑)

 

あとになると”情”で別れが辛くなるので、最初の確認は大事ですね。

実際に会う時の注意点と、私が気を付けたこと

さて、実際に誰かと出逢いが成立した場合ですが、最近の物騒な世の中では危険が伴う事もあるでしょう。

私がメールの相手と会ってみるなんてことをよくしていた時代はそんなに犯罪が目立ちませんでしたが、最近では色々と恐ろしいこともありますよね。

そこで、会う時に注意した方がいいかなと思う事をお話しますね。

会った初日は家の詳細住所までは教えない!

万が一嫌な人だったとしますよね?

そしたら家の事を公にしてしまっていたのに、気に入られてしまって家に押し寄られたりしたら?

そんなことを考えて、私は最寄り駅までしか伝えてませんでした。

帰りに送ると言われた場合、「〇〇駅」だから〇〇線の乗り口まででいいよ!とか、適当にごまかしましょう。

会う場所は公共の乗り物で行きやすい駅前など。

相手が車であっても、自分が車であっても、駅前の公共の乗り物があれば帰れる!っていう場所を選ぶべきです。

なぜかと言うと、万が一相手の車に乗ってどこかに移動したことで事件になったらと言うリスクを回避するため。

駅前で車がむしろ邪魔ぐらいの場所をあえて選ぶと、二人きりすぎる空間から避けられるので、危ない目に遭いにくいと、私は考えていました。

 

これをやっていたので色々と会っている割に、危ない目にはあっていませんね。

送ってあげるという理由で車に乗せられることも、初日は危ないです。

電車でお互い帰れる感じにするのが一番、人目もあって危険から遠ざけられると思うのでおすすめ。

 

もちろん、相手が信用なる人かどうかわからないので万が一のための行動ですから、安全な人であってもあえて「駅前の〇〇〇バーガー」とかがいいでしょう。

 

え?車あるからいいよ、色々つれてくよ?

ジャンヌ
ジャンヌ

あ、でもさ、お互い初めて会うからわかりやすいようにしようよ。

駅ビルの〇〇バーガー、絶対わかるでしょ!帰りに私、駅前の〇〇で買うものあるから電車の方が都合いいんだよね。

そっか、じゃあ駅前だから俺も電車にすっかなぁ。

会うために入ったカフェや飲食店などで、トイレで離籍する時は持ち物を持って。

席を立つときにいちいち全部持たない人、いますよね?

私、それは個人的に危ないなと思っていて、万が一を考えてハンドバッグとスマホはトイレまで持って行きましょう。

お財布が危ないからお財布だけ持つ人もいるような気がしますが、私は全部持つ派ですね。

 

と言うのも、もしかしたら個人情報を見るために見られている可能性もあるわけです。

何事も十分に用心したにこしたことはないので、「荷物ぐらい置いてけば?誰もとらないよ!」なんて言われたとしても「ちょっと髪型直したいからバッグは持っていくわ」とか適当にごまかしましょう。

可能であれば、その日ネットの人と会うことを誰かに伝えておいた方が安全。

まあ、こんなことまで考えるのはどうか?って思わず聞いて欲しいのですが、万が一誘拐拉致なんてことになっても足跡が残るようネットの人と会うことを誰かに伝えておいた方がいいですね。

身近な友人でもいいですし、会社の席が近い人でもいいのでなんか会った時に出てくる情報として伝えておいた方が身を守る術になる可能性があると思います。

 

私の場合はリアル友達がほとんどいなかったので、メール友達に他のメール友達と会うことを伝えていました。

「友達増やしたくてちょっと会ってみることにしたネットの人いるんだよね」ぐらいで話すと適度な話題にもなって、喋ってましたね。

ネットで知り合った人とかと会ったりするんだ?

やったことないけど、どうなの?

最初は緊張するけどね、趣味が会う人見つけたりするならネットの方が視野が広いからね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

はじめてネットで知り合った人と会うってことをするとき、めっちゃくちゃドキドキするんじゃないかと思います。

でも、このような行動を起こすだけでも随分違うと思うんです。

 

思い切って「不倫」と言う選択肢しかない自分より、もっと広い視野で見て欲しいんです。

何も「不倫」なんて選ばなくて良かったと思えるほど、たくさんの人と出逢うことが実現可能になると思います。

ただ、犯罪とか騙されてしまうとか、嘘つかれるだとかのことは起きてしまうこともあります。

 

最初から信じ切らず、慎重に歩めば、さっきも言いましたが近場に落ちてた「不倫」を選ぶより100倍も200倍も幸せない出逢いに変化する可能性もあるなぁと思っていますよ!あくまでも私は。

ですので、ただ黙って日常を過ごしていれば、不倫女子オーラが出ていたり、寂しいオーラが出ていたりしてあっという間に不倫の関係に引き込まれる可能性があることを自覚したほうが幸せな人生が待っているかも知れません。

私もそうでしたが、「自分なんて誰が見てる」と思うタイプの女性ほどターゲットとして付け込まれやすいみたいですね。

 

私もですね、正直最近心が弱っていたのですよ。プライベートでちょっとありまして。

そうすると、街ゆく子供の面倒を見るのが上手な若い男性を見ていたら惚れてしまいそうになるわけです。

「ああ・・・この人とだったら幸せかなぁ」って。

 

なんだか妙に子供をあやすのがうまいなぁと思って様子をみてたら、左薬指に指輪がちゃんとついてるわけです。

既婚男性って素敵に映りやすいんですよ!ほんとに。

逆もあるみたいですね。

既婚女性の方が料理をするにしても掃除をするにしても、手慣れていて魅力的に映る。

だとか。

 

でも私は、自分の過去をしっかり呼び起こし、「苦しかった、苦しかった、壮絶だった」とたそがれていると、その気持ちは治まります。

もう二度と経験したくないほど、苦しい別れをしてきましたから・・・。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

不倫女子として悩む方の参考になると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました