スポンサーリンク

不倫はなぜいけない?不倫や浮気にも愛があると美化してはいけない理由。

不倫
この記事は約5分で読めます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
ジャンヌ
ジャンヌ

大好きな昆布の食べ過ぎが気になり昨日からやめています。

代わりに鰹節でも食べようかしらw

みなさん、こんにちは!昆布の代わりに食べるおやつを探しているジャンヌです。

今日は、

不倫はなぜいけない?不倫や浮気にも愛があると美化してはいけない理由。

と言うテーマでお話したいと思います。

なぜいけないのか?って、そりゃそうでしょ?って思う人が大半ですよね。

今日は、不倫を美化してしまう人のために納得できるはずの理由をズラズラと並べてみましたよっ(*^▽^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不倫は倫理に反するからダメ!

 

 

結論から言うと、これにつきます。倫理に反します。

ダメなものはダメってのがありますよね。

ドラッグは吸うと気分がよくなるけど、法律違反!

タバコは二十歳以上からで未成年はダメ!絶対にね。

「不倫」ってそういう「ダメ」のイメージで考えてもらったほうがいいかなと。

 

倫理とは人間生活の秩序のこと。

つまり人間の秩序関係の中で行うべき規範の筋道のことです。

 

極端な例えになりますが、自然界で食べ物を奪い合っている動物たちが「別の動物が食べてるからあの肉はとっちゃだめだよ」ってのは通用しないのがわかりますよね?

強いものが生き残りますから、人がとった獲物をとることもあるでしょう。

でもそれを人間世界がやってしまうと、秩序が乱れ倫理的ではないという話になっちゃうと思うんです。

これが許されたら、婚姻という関係も婚姻届けにより証明する必要性が失われますし、世の中男女関係がさらに複雑になることは想像できます。

たった一人の相手と不倫するだけでもだいぶ厄介な事が起きることがあるんですから。

日本では不倫は法に反する行為のため

 

 

日本の民法第752条では、婚姻関係にある夫婦の間には貞操義務があるとされています。

貞操義務(ていそうぎむ)とは、夫婦が互いに誠実義務を保つことで、要は他の異性との男女関係はあっちゃいけないよっていうことですね。

日本では一夫一妻の制度のため、必然的に婚姻関係を結んだあとの他の異性との関係はご法度というわけです。

時代や文化的背景により日本の倫理観は不倫NG!

日本では一夫多妻制で一人の夫に対して一人の妻という仕組みをとっていますが、一夫多妻の地域もありますよね。

そもそもそういう国や地域であれば何の問題もありません。

ところが、現在の日本は男女平等な社会を目指していますよね。

それぞれの個人的人権が尊重されなければならないため、男女トラブルのもとになったり、社会的な混乱を招く可能性が高い”不倫”は社会的に許されない行為で世間からの厳しい目を浴びることになります。

芸能ニュースでも不倫騒動があると結構な注目を浴びていますよね。

 

日本でも大昔はもっと自由に恋愛をしていましたね。

これも時代と共に倫理観が変わり、より平穏な集団生活を過ごすために変化してきているのだそうです。

過去の時代から学習して、色々なことがより良く改善させていくためのことです。

つまり、「愛」があるから良しとはされない行為なんです。

不倫の代償は自分だけにふりかかるものじゃないからダメ

どんなに批判を浴びても、損害賠償を支払うことになっても納得して相手と付き合いたいと言っていたとしても、その不倫の代償は本人だけのものではありません。

相手の家庭を崩壊させるリスクがありますし、勤務先にバレた場合は社会的な信用を失うことになりかねません。

自分一人が不倫の関係でもよしとしていればいいという問題ではないため、人に迷惑をかけないようにも不倫はしちゃいけないとされています。

不倫はダメ!でも恋愛しちゃいけないこととは違う。

 

不倫はダメと言ってきましたが、恋愛は自由です。

既婚者であってもテレビドラマやゲームの世界でフィクションの恋愛を楽しむのは自由です。

片思いで職場の異性に恋焦がれるのも自由です。

ただし、結婚している人は妻や夫意外と男女関係を持ってはいけないことを守ることが条件です。

 

ジャンヌ
ジャンヌ

旦那に恋してるって言ってみたいなぁ~(;^ω^)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なんで不倫しちゃいけないの?っていうダイレクトな質問をされると、「ダメだから!」と言いそうになる話ですよね。

 

でももし不倫が問題ない国だったらどうなるか、考えてみました。

  • もっと多くのシングルマザーが増える可能性が高いです。
  • もっと多くの人が婚姻関係にあるにも関わらず、家庭を守らなくなるかも知れません。
  • 大人の事情によりもっと多くの子供が犠牲になるかも知れません。

やはり不倫は世の中の秩序を乱します。

平穏に集団生活をするためには、必要なルールですよね。

 

そんな筆者ジャンヌも11年間不倫を繰り返してしまい、心底後悔していてこんなブログを立ち上げています。

もっと伝えたい!と言う気持ちからです。

人生失敗してしまったけど、その教訓を同じ悩みの人に伝えたくてこんな記事を書いています。

 

愛の安売りセールをいっぱいしている男性がいると思いますが、セールで愛は買わない方がいいです。

心が寂しい人や夢中になることがない人はほんの一瞬の隙に食らいついてしまう。

お腹が空いて仕方ない愛を食らうモンスターみたいに。

 

 

ジャンヌ
ジャンヌ

寂しいならもっと早く婚活しときゃよかった・・・。

 

現在再婚したジャンヌも、心の闇を埋めるようにして恋愛はしていますよ!

山下智久さんが大好きで、「インハンド」というドラマが放送されているときはときめいてましたね。

来週が楽しみで仕方なくて、子供を寝かし付けたあとの楽しみでした(笑)

恋愛は自由です!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました