スポンサーリンク

不倫実話 職場で不倫関係だった上司。あれから4年後の今、腐れ縁を終わらせました。腐れ縁を終わらせるポイントは?

不倫
この記事は約10分で読めます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
ジャンヌ
ジャンヌ

やっと終わりました・・・。

いいんですよ、これで。

11年間不倫を繰り返してきた人生を持つ筆者ジャンヌですが、これまでの不倫関係の男性は4人。

そのうち最後に不倫関係にあった男性とは、不倫関係が終わってもメールや電話で話すことがありました。

その関係をついに先日「終わらせた」というお話です。

 



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不倫の定義にあてはめず「不倫」を”美化”する元職場の上司はある意味最強の相手だった。

私の最後の不倫関係にあったのが、派遣先の上司でした。

 

5万文字の不倫実話はこちら。小説みたいだと好評いただいてます!?

 派遣先の元上司は不倫を美化するタイプで、自分たちの関係を不倫と言う定義にあてはめているつもりもない罪悪感のないタイプの人でした。

男女関係があれば立派な不倫と言えるため、私にとってはたまに「甘い蜜」を吸いたいための関係をキープした女の子が欲しかったんだろうなと思っていた相手。

 

だけど、惹かれるものはある男性でした。

やっぱり既婚男性で子供がいるって、しっかりしているように見えます。

ダメ男と違って奥さんや子どもを養い家の事に協力的な姿を見ていれば、いいパパだしいい男だと思ってしまうんです。

 

でもそれって、今自分が再婚して子供を持ってわかったのですが、パパをやらざるをえないんですよね。ダメ男でも。

パパ気どりでいいパパしてるつもりもないけど、やらなきゃいけないんです。

外から見たら「ちゃんとやってる」って見えるんだろうなと。

第三者の評価は、断片的にしか見てませんからね。

 

話は戻り、今の再婚相手の夫と知り合ったあたりにこの上司とはお別れをしています。

今後は「友達」と言う立ち位置だったり、「相談役」と言う立ち位置でつながっていようと話していた相手。

私が再婚相手と完全に同棲をはじめ、結婚をしてもたまに様子を聞いてくる相手でした。

 

そのたびに、「あわよくば関係が崩れていて自分のところに弱ったジャンヌが舞い込んでくれば・・・ヒッヒッヒ(・∀・)ニヤニヤ」

そんなことを狙っているような気がして、私は強がっていました。

 

 

あなたがいなくても私は立派に生きている。

もう弱音吐いても胸に飛び込んだりしないし。

私を甘くみないで。寂しいときは旦那がいる。

もうあなたの役割じゃない。

 

ちょいちょい状況を知ろうとするのは、私に「甘い蜜」のおこぼれをもらおうとしているのか。

本心で友情だったのかはわかりません。

でも、優しい言葉をかけてきては私の心が弱くなるのを待っていて、まるで獲物が弱るのを待っているだけの獣にも見えていました。

例え本当の友情で心配していたとしても、だったら不倫の関係になることは阻止していたような人だったはず・・・。

 

私は仕事で重大なことを任されていて忙しいとか、休みの日でも社内メール確認して対応しているだとか嘘をついて交わし続けていました。

それから1年もしないうちに、その上司が私の住む街に子供の都合で遊びにくるからお茶でもしようという連絡が。

正直、もう過去のこと引きずる関係がまっぴらだったのですが、会うだけ会うことにしました。

 

久々にあった時に、私は摂食障害の症状から夜間の過食で随分太ってしまっていました。

 

 丸々と太り一緒に働いている頃とは別人のような私を見て、「随分太ったよね?幸せ太りかい?」と聞いてきました。

「いや、そうじゃないはずなんだけどすごい太っちゃって」と適当にごまかすと、「改めてみるとほんとに太ったよね~」と手を叩いて笑ったんです。

 

グサッと心に刺さってきました。

かつては惚れてしまった男。

かつてはいいパパでイイ男で恋焦がれた男だった。

私の弱い心もわかっていてくれた、男女でなければ親友だった。

 

そう思ったはずの相手に、手を叩いて笑われるんですよ。

私の摂食障害の苦しみをこれっぽっちもわかってなくて、「太ったよね」ってケラケラ滑稽で仕方ないと大爆笑されるんです。

元上司との間で、これほどまで傷ついたことはありません。

 

その出来事があってからです。

メールがきてもたまの近況報告で電話をしないか?と言われても忙しいと、突っぱねてきました。

次回また、子供の都合で私の住む街に用事があるときに会おうなんて言っていて口だけかと思いきや、その数か月後また誘いがありました。

だけど、「忙しくて家にいても社内メールで取引先に指示を出している」なんて言って断りました。

そんなに嘘でもない内容だったので。

 

あれから私は子供が産まれて、それすら彼には隠していました。

本当に傷ついたので「もうおまえなんか私が尊敬する人でもなんでもない!不倫と言う定義にあてはめないだけで体の関係は保とうっていう甘い蜜を吸いたいだけの、私を利用しただけの男じゃないか!」

そんな気持ちが強く強く現れ、ひたすら適当にあしらって黙って連絡がこなくなるのを待っていたんです。

 

普通こちらがこんなにも会うことをはぐらかしたり、忙しいと言っていたら空気読めるでしょ?って思った私が甘かった・・・。

甘い蜜の匂いに執着した男は、私を解放しようとはしていませんでした。

 



元職場の上司と不倫の腐れ縁が終わる。最後のメール後、連絡先を削除。

不倫の関係を終えてからだと2年以上は経過していたのですが、メールや電話で連絡がきても会話をしたくないがためにはぐらかすようになってから1年ちょっと経過したところでした。

昨日久々に連絡がきたんです。恐れていた、私を見かけたという情報を元に。

 

職場の〇〇さんがジャンヌちゃんが〇〇通りにいたって言ってたんだけど、ジャンヌちゃんこっちに帰ってきてるの?

ジャンヌ
ジャンヌ

別人だね。

私は夫とこの街に帰ってきていたことを隠していましたから、最初はこの会話だけにしようと思いました。

でも、もう本当に終止符を打たないときっとこの人は甘い蜜を吸いにくるだろうと思ったんです。

数分後にまたメールを打ちました。

ジャンヌ
ジャンヌ

申し訳ない。連絡先を削除して下さい。

精神的な状態が悪くカウンセラーの指示で

もう連絡出来ません。

カウンセラーなんて嘘です。

でもきっとカウンセラーがいたら不倫をさせる要素を持った男性との関係は断ち切るように言われていてもおかしくないと思ったんです。

 

不倫を誘発する男です。

相手を弱らせて自分のふところに入ってくのを待っているタイプなんです。

不倫が終わった後にそう分析しました。間違いないと思います。

 

数分後に返信がありました。

わかった。

お大事に。

ジャンヌ

 

ジャンヌ

さようなら。

ついに、完璧に不倫の腐れ縁が終わりました。

その後、連絡先をすぐに削除しました。

相手もきっと削除してくれたことでしょう。

 



経験からわかった、不倫の腐れ縁を終わらせるポイント!

私のように相手からの連絡がなくなるのを待っているというのは、一番おすすめしない方法だということがわかりました。

実体験でこんなにも効率の悪い方法はないと思いましたね。

そこで腐れ縁を終わらせるポイントはやはり「連絡先を変えるとか削除、ブロックする」

これに尽きます!

 

もう連絡を取り合えないようにすることが不倫の腐れ縁を終わらせるには一番早い!

ちなみに私の古い友人が、結婚前に一時的に私たちが住む街に出張に来る既婚男性と不倫をしていました。

その男性は出張が終わると、家に帰るんです。自分の城に。

でもまた出張で私たちに住む街に訪れると、彼女に連絡が入るんです。

 

寂しいから会えないか?と。

そしてご飯だけのつもりがまた不倫の関係を許してしまうんです。

彼女は意を決して関係を終わらせました。

 

ところが、また出張がくると連絡が入り、結婚して旦那がいる生活の中でメールがなるわけです。

どうしても耐えられず、どうしていいのか私に相談をしてきました。

今の夫はバツイチで前の奥さんにうわきをされたことがあるから、神経質な人でバレたら大変なことだと。

 

私は当時こう言いました。

「そういう人ははっきり言ってもわからないというか、あわよくばを狙っているんだろうから連絡先を変えたらいい。めんどくさいだろうけど家庭壊されるよりマシでしょ?」と提案しました。

完全に連絡を断ち切るぐらいの勢いで寄せ付けないようにしないと、不倫は腐れ縁を作ります。

最悪はまた泥沼化してダラダラと引きづります。

忘れてしまいたいぐらいの不倫をいつまでも思い出したくありませんよね。

 

不倫の関係で別れた後も腐れ縁

これ、実はこうなりがちなんじゃないかと思いました。

 

筆者ジャンヌの一番最初の不倫相手とも別れたあと腐れ縁。

半年後ぐらいに現在の彼女とうまくいかないからと呼び出されました。

その1回を最後に「本当にもう終わりにしないとね」と誓い合って終わっていますが、実はその時連絡先を変えるところはしていなくても、メールと電話番号のブロック登録をしています。

 

次の2人目は見事腐れ縁で、別れた後1年間毎日メール交換をしていました。

終わったきっかけとなったのは私に恋人が出来たタイミングで恋人に言われたからです。

「そんな男とずるずるした関係していても仕方ない」と。

そりゃそうですよね。

さすがにこれを直球で伝えると連絡はこなくなりましたが、ここでも念のためメールと携帯番号はブロック(迷惑電話設定)しています。

 

3人目の時は私の妊娠を機に関係がぐちゃぐちゃになったのでお互い全く連絡を取るなんてことはない終わり方でしたが、4人目の今回の職場上司との不倫の腐れ縁。

これが結構油断した関係でした。

とっくにメールと電話番号のブロックをすべきだったと思っています。

 

不倫の腐れ縁に悩む方、面倒でも連絡を絶つことが一番ですよ!

 



さいごに

今日は自分が11年間不倫を繰り返す人生を送っていても、更生していく日々を綴る意味でのブログになりました。

ちゃんと、終了させました。

大人の嘘は必要です。

 

嘘をついても結果バレない嘘は必要な嘘だったと思っていましす。

あれから私は少し強くなったと思います。

誰かに依存しないと生きられないうつ精神でメンヘラ的な要素はあるのかも知れませんが、私は我が子に依存することにしました。(;’∀’)

 

もう家庭を壊すような不倫はしちゃいけないと、自分で家庭を持ち子を持った時に強く強く感じています。

勢いが大切です。

綺麗な理由で話し合って別れるだ別れないだと言っているほど、不倫の関係は最初から綺麗なもんぢゃありません。

綺麗に別れようなんて思っちゃいけないです。

長くかかってズルズルと人生が台無しになります。

 

嘘にまみれて嘘で終わってもいいと思ってます。

とにかく不倫が終われば、それでいいと思っています。

 

私の経験上、個人的にはそう思っています。

不倫に悩む女性へ、参考になると嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました