スポンサーリンク

トマトにはGABAが含まれていて、うつ病にも効果が期待できる!

うつ病
Couleur / Pixabay
この記事は約6分で読めます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
ジャンヌ
ジャンヌ

我が家では毎年ミニトマトを家庭菜園で大量に育てています。

父が上手に育ててくれるので大量のミニトマトが食べ放題です。

みなさん、こんにちは!我が家は毎年トマトを家庭菜園で大量に育てています。

と言うわけで本日は、

トマトにはGABAが含まれていて、うつ病にも効果が期待できる!

と言うテーマです。

ジャンヌ
ジャンヌ

私、職場行く前に毎日GABAが入ってるチョコレート食べてたんです。

トマトにも入ってるんですか!?

では、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トマトにはメンタルヘルスにも効果があるって本当?

トマトにはビタミンC、β―カロチン、リコピンが豊富で健康維持のためにはとっても良い食品です。

トマトの赤い色素であるリコピンは抗酸化作用が高く、抗がん作用や老化防止に効果が期待できるとされています。

さらに、トマトに含まれるアミノ酸の「GABA」は、副交感神経の働きを活発にしてくれるので、リラックス効果が期待できるとされています。

そしてトマトの香りにもストレスを緩和する働きがあるため、トマトを食べたりトマトジュースを飲むように意識すると良いってことですね。

イライラしていたりやる気が出ない朝、コンビニでトマトジュースを買って職場に行くと無理なく飲みやすいと思います。

 

ジャンヌ
ジャンヌ

私がGABAの入ったチョコレートを買っていたと言ったけど、トマトにも含まれてたんだね。

毎日トマトを食べている人はうつ病になるリスクを52%も抑えることが出来るんだとか。

(参考URL:https://matome.naver.jp/odai/2140726063772167301

トマトは手軽に摂取できる「精神安定剤」みたいなものですね。

 

そもそもいいもんだ!と思っていた「GABA」ってのは何?

興奮を抑えリラックスする作用があるとされているのが「GABA(ギャバ)」と言う成分です。ストレスを感じたら「GABA」がいいのかなと漠然と頭にあるだけで、何かはわからないですよね。

ジャンヌ
ジャンヌ

GABAって人工的に作るもの?

自然界からとれる何かなのかなぁ?

ギャバは体内にも存在する天然のアミノ酸の一種です。そのアミノ酸の一種の略称が「GABA(ギャバ)」と呼ばれています。

ギャバは体内で神経伝達物質として働いていて、ストレスを和らげ脳の興奮をしずめる効果、良い眠りのためのリラックス効果、血圧低下を防ぐ作用や自律神経のバランスを整えると考えられています。

 

トマトの赤はリコピン?

トマトの赤はリコピンの色で色素成分のことです。オレンジ色のかぼちゃのようなβ-カロテンと同じようなものです。リコピンは抗酸化作用が高いことで知られています。

 

抗酸化作用ってなに?

トマトのリコピンは抗酸化作用があります。

酸化作用に対抗するという意味で「抗酸化作用」なのですが、酸化するということはサビだと考えると良いです。

人間の体にもサビ化が起きて、シミやしわなどの老化現象、がんや動脈硬化などの病気につながっていきます。

このサビ化を食い止めようとするのが「抗酸化作用」の働きです。

 

トマトが嫌い!でもトマト効果を得るにはサプリメントもあり

ここまで悪いことはないとお話してきた「トマト」。

嫌いな人も多いはずですが、サプリメントもあります。

私はトマトが大好きなので不要すが、サプリメントもご紹介しておきますね。

 

毎日トマト生活~リピーター続出♪

コスパ良すぎですね。約5か月分で千円ちょっとですから無理なく続けられるはずです。

毎日トマト生活~業務用も圧巻の第一位!

先ほどご紹介した商品と同じですが、業務用も出ているほど。コスパがよくて大容量なので金銭的にも無理なく続けられそうです。ご家族みんなで飲みたい方はこちらがいいですね。

トマトリコピン~トマトの秘めたパワーを1粒に~

ほんとトマトって秘めたパワーありますよね。こちらもお値段がリーズナブルです。

いきいきトマト~スリムもキレイも両方~

半年分でこのお値段もなかなかリーズナブル!美容にも綺麗にも効果があるので、続けてみることが大切ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

うつ病の人も、うつ病の予防にも、健康維持にもトマト!

トマトにはすごい効果があるという事がおわかりいただけたでしょうか。筆者の周りにはつぶつぶが嫌いな方が多いのですが、トマトジュースでも良いんです!

西洋では「トマトが赤くなると医者が青くなる」なんてことわざがあるほどですから、昔から健康維持のためにトマトを食べてきたんですね。

 

筆者ジャンヌも9年間うつ病のお薬がいらなくなるまで時間を要しましたが、いまだにまたもとに戻ることを恐れています。

恐らく普通の人より何かの引き金を引いた時に病状が戻るのが早いはずなんです。

そこで、毎年父が作ってくれるトマトをたらふく毎日食べて、トマトの効果を引き出せるようにしています。

  • 精神が安定するように
  • 娘のために健康でいたいから
  • 子育てママはイライラしていたくない
  • 夫に八つ当たりしたくない

流行のスムージーでいただくのもありですが、ちょっと手間がかかるので続けにくいですよね。そんな時はトマトジュースでもいいです

 

とは言え、トマトが食べられるむしろ大好物の筆者ジャンヌはジュースになっているとまた苦手なんです。

どろどろしていて飲みにくいし、どうもお腹にたまって空腹時じゃないと飲む気にならないし。

ましてや塩分入っているやつなんてしょっぱいだけで苦手・・・。(´・ω・`)

かといってシーズンじゃないとトマトって高い・・・(´;ω;`)ウッ…

 

そんな人はサプリメントもいいですね。

主婦目線では送料と手間もあるので、一度にたくさん買っておいてもいいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました