スポンサーリンク

既婚者の子供妊娠!彼が最後に選んだのは・・・【不倫実話】

◇不倫
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

11年間不倫を繰り返し、更生人生を送るジャンヌです。

不倫さえしていなかったら、あの11年があったら、今の私には高校生の子供がいてもおかしくありませんでした。後悔先に立たず…。

 

このブログでは、”不倫に悩む女性が前に進めるようプッシュしていきたい”という管理人の意思で作られています。

今回は、私の親しい人物もまた私と同じように「不倫相手の子を妊娠してしまった」と言うエピソードです。

もしあなたが、「不倫相手の子を妊娠してしまえば私のもとに来てくれるのでは…」と信じる気持ちがあるのなら、少し立ち止まって欲しいお話です。

 

ココナラ電話占いは、不倫の悩みも相談できます。

 

スポンサーリンク

「不倫」のきっかけは職場の上司だった。

彼女がその男性と不倫関係に陥ったきっかけは、「上司」と言う関係から「元上司」に切り替わった時、解放されてしまったかのように交際がはじまる。

と言うのも、職場の中では不倫の関係であることが一目瞭然。

何となく二人は距離を置いていたのだろう。

 

匿名男性
上司

喫茶店をオープンしたいという夢を実現できた。スロットで稼いだお金と、足りない分は親父に支援してもらって〇〇町に店を借りたんだ。自分はこの仕事辞めて、独立する。

ある時、上司は店を持つことを理由に退職。

彼女は、夢を持って行動に移す彼が素敵に見えていた。

職場を退職した元上司は、新しくオープンする店の様子を彼女に伝える名目で連絡をしてくるようになったらしい。

彼女もまた、その連絡が嬉しかった。

 

ところが、いざ店をオープンしてもそんなに繁盛することはなかった。

暇な事が多いようで、彼女によく連絡をしてくるし、彼女もまたそれが嬉しかった。

ある日ついに、いわゆるデートをすることになる。

 

それから、毎週休みの日になれば会う約束をし、店が暇だと仕事終わりに会えないかと連絡してくることがあればそれに応じていた。

完全に二人の関係が「不倫」へと発展してしまうのであった。

 

ジャンヌ
ジャンヌ

職場の上司と「不倫」と言う関係は結構多い比率なんですよね。

不倫発生率No.1がズバリ社内。今回は退職してからですがほぼ社内で発生しています。

 

ココナラ電話占いは、不倫の悩みも相談できます。

 

 

スポンサーリンク

彼女の気持ちは次第に辛くなった。その原因は・・・?

特にどんな関係でいたいかという話し合いもなく、二人はただ「不倫」の関係を続けデートを重ねていた。

次第に彼女は「この人とずっと一緒にいたい」。

そんな気持ちに変化していきます。

 

ところが、それと同時に発生した感情が「辛い」ということ。

それはなぜか。

 

彼女はわかっていました。

彼とお店に入ると、何となくさらっと買い物かごに入れて買って帰る子供用のおもちゃ。

不倫の彼には、産まればかりの赤ちゃんがいたんです。

 

私は彼女のその気持ちを打ち明けられて、「本当はわかってる。未来を望んではいけない相手だと」と言う発言を聞いていました。

だけどいつまでもズルズルと、腐れ縁のように交際は続いていきました。

 

それは彼女の中に「もしかしたら一緒になれるのかも知れない」

そんな淡い期待があったから、ギリギリまで傍にいたかったんだと思います。

 

 

ココナラ電話占いは、不倫の悩みも相談できます。

 

スポンサーリンク

想定外の事態の「妊娠発覚」!不倫の彼の決断は・・・?

どうしよう!

彼女の体には異変が起きていました。

彼女に相談された私は、もしかしたら・・・妊娠?

 

彼女はそれを不倫の彼にメールで伝えて、ひとまず会うことにしたようでした。

そこで彼は、検査薬を用意してきていたようです。

結果は思っていた通り…。

 

彼女は私に相談してきましたが、私は彼がどうしたいかによると伝えます。

その後二人で出した決断は「中絶」。

やはりと言ったところでした。

 

彼はこんな理由を告げてきたそうです。

赤ちゃん産まれたばかりで、離婚は難しい

 

黙っていてもお腹の子供は育っていきます。

病院に行き、確実に妊娠している事実を告げられると、彼女は現実を受け入れる覚悟ができました。

私と彼女は、泣きました。

 

彼女は少し大人でした。

「自業自得。家庭持ってる人だもんね」

ちゃんと、自分の立場をわかっていました。

 

スポンサーリンク

最後の最後に不倫の彼に失望し破局!その理由は・・・?

そもそも、中絶をする段階で彼との関係は終わりも同然でした。

だけど彼女が最後に彼に失望し愛情が100%失せた理由は….。

 

病院に到着すると彼は「店がうまくいってなくて、お金がない。家にも生活費を入れれていないんだ」と打ち明けてきたそうです。

急遽彼女の貯金から出し、その後はそのお金が折半されることもなく、1円たりとも返されることはなかったと…。

 

彼女は完全に彼に失望し、きっぱりと別れを告げてきます。

その後彼からちらほらと連絡がくるようでしたが、「あの男は何もわかっていない!」

そういって彼女はちゃんと前を向いているようだったので、ある意味安心したのを覚えています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?自分自身の経験も含め、結局独身者側は泣き寝入りすることが現実的に多いように思います。

 

「彼は私のこと選んでくれるって信じてるから」

そんな感情は最初から切り捨てた方がいい…。

 

最後に選ばれるのは”愛している方”ではなく、社会的に自分がいなきゃいけない場所に戻るのですからね。きっと。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ジャンヌ

 

タイトルとURLをコピーしました