スポンサーリンク

不倫をしたらどうなるの?不倫しそうな感情と闘う人へ

◇不倫
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

あなたと出逢えていなかったら

私は運命の出逢いをとげられず

不幸だったに違いありません。

 

不倫と言う関係にあっても、

私たちは運命で出逢うと決められた2人。

そうに違いない。

 

そんな風にさえ思ってしまうようなメラメラと燃え上がる不倫。

だけど、人を不幸にしてまで出逢う運命だったというのなら、

最初から出逢うことこそ運命だと考えることも出来る。

 

こんにちは。

11年間4人の異性と不倫を繰り返し抜け出せずにいた結果、人生を棒に振ったと感じているジャンヌです。

20代の頃って、若くて自分的にも最も自信が持ちやすい年代だと思う私。

逆に言えば、その頃の自分を知るものが不倫相手だけというのも、悲しい現実です。

 

不倫をしたらどうなるの?

不倫してでも近づきたい相手がいる。

 

 

そんな心の葛藤と闘う人に向けたお話を、11年不倫を繰り返してしまった私ジャンヌよりお届けします。

不倫相手に心奪われている方、不倫でもいいから気になる相手がいる方に是非参考にして頂きたい。

 

スポンサーリンク

不倫をしたらどうなるの?

不倫をしたらどうなるかなんて、世間一般的な事をここで書いてもわかりきった話。

つまらないので省略します。

相手にバレて修羅場が訪れるだとか、離婚して養育費が発生するだとか。

 

 

最近では、お笑いのアンジャッシュ渡部さん(世界の渡部)が美人の奥様がいながらも不倫を続けていたことで、バッシングを受けていますよね。

これまで芸能人、俳優などの有名人で不倫をした人の大半は世間からの批判を浴びているのが事実。

これが一般人であれば許されるというわけでも、ないのです。

 

 

11年間不倫を繰り返してしまった私が「不倫をしたらどうなるの?」

そう聞かれて答えることは「人生を失った」

そう言いたい。

 

そんなのオーバーでしょ?

そう思う方もいるかも知れない。

 

経験する不倫の内容によっては、誰にもバレず甘っちょろくて甘い蜜だけ吸える最高の行為だと思う人もいるかも知れないですね。

でもそっちの人になれなかった場合を考えたことがありますか?

 

もし甘っちょろいことではなかった場合、やらなきゃよかった。

ただ、その感情だけが沸き上がることでしょう。

 

運命の人と出逢えたのだから、そんなことはおかまいなし。

そんな綺麗ごとを言えるほど、当時は盛り上がっていても、のちに後悔する日がきた時に人は何かのせいにしたくなるものです。

 

きっと、私の事を選んでくれるはず。

運命の出逢いなのだから、神様が見守ってくれるはず。

私たちが結ばれますようにと。

 

不倫と言うのは、どっちの結末になっても「罪の十字架を背負う」

このことは忘れないで欲しいのです。

 

時折、略奪愛に成功するパターンも存在します。

もちろん。

でも、前妻や子を不幸にしたかも知れないと言う罪悪感を持ちつつ、不倫相手と新しい人生を歩む。

 

いやいや、夫婦仲が悪かったと聞いてたし。

いいえいいえ、子供には関係ありません。

 

将来、この成長を見たいと願った時に、不倫をして自分はこの家庭を捨てるような真似をしたんだと何度となく思う事でしょう。

例え夫婦仲が悪かったにしても。

 

もしくは、不倫の関係を陰ながら続けて陰ながら終えたとします。

相手の異性は「遊ばれた」「自分の城に(家庭)帰った」

そう解釈する人が大半のはず。

 

そして不倫の関係でもお互い「遊び」と言う解釈で関係が成り立っていたとしても、本来の自分のパートナー・配偶者に対して後ろめいたい過去を持つことになります。

その行ってしまった消えない過去を一生、墓場まで持って行くと言う覚悟が必要になるということ。

 

不倫をしたらどうなるの?

と言う問いは、人生損をするだけ

私は、そう言えると思います。

 

 

普通ここは逆のことを言う人もいるかも知れませんね。

ある程度は遊ばないと人生損だよ。

そんな人もいるかも知れませんが、不倫は人生崩壊問題に発展するリスクが高い。

そう思いますし、事実でもあります。

 

\実話の事件ご覧になって下さい/

 

私は11年間不倫を繰り返し現在再婚をして人生更生中でありますが、不倫相手のことを当時運命だと思っても今はまったくそうだとは感じていないのが正直なところです。

逢えてよかった?

いいえ。

馬鹿正直に私の元へきてくれると信じ過ごした日々、心がすっかり疲れてしまいましたよ。

そんな感情です。

 

 

☆あわせて読みたい☆

\私の実話がkindleで電子書籍化されていますが、ブログ版も公開中/

ジャンヌ

タイトルとURLをコピーしました