スポンサーリンク

不倫の後遺症に苦しむ~終わったのに辛いこと、私の支えになったこと

◇不倫
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

11年不倫を繰り返した過去を持つジャンヌです。

現在1児のママとして、子供のために生きる意味を感じ人生を更生しているところです。

とは言え、不倫の後遺症は一生治らないのではないかと思うほど辛くまた完全に消滅しないと言うことに苦しみ続けています。

自業自得、身から出た錆…。

若気の至り…。

うつ依存…。

後悔しかありません。

 

最後の不倫から6年が経過しようとしている今だから思う、不倫の後遺症、終わったのに辛いこと、そして私を支えてきた人についてお話していきます。

 

このブログは「不倫はおすすめ出来ない理由がわかるブログ」。

私が11年間繰り返してしまった不倫の実経験から、今悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

不倫の後遺症

あなたは不倫の後遺症がどんなものだと思いますか?

 

”心の傷”

 

人によって起きている後遺症は様々ではありますが、大きく言うとここに尽きると思います。

言うなれば人と人との裏切り行為のようなものですから、人の心に大きくダメージをもたらすものです。

それより人間不信や恐怖心、トラウマを抱えることが不倫の後遺症として多いのではないかと思います。

私自身も不倫の後遺症は大きく言うと”傷”と答えます。

精神的なものと肉体的なこと両方です。

世の皆さんの「不倫の後遺症」と感じることをちょっと、リサーチしてみましたので詳しくお話していきます。

 

人間不信

 

私のツイートです。

罪を償った人生を送っているのでしょう。

人間不信で心底信用できる人がいない、作れない、信じない方が怖くない。

そう思う気持ちと葛藤して生きてきたつもりです。

とにかく人間不信で誰も信用できない人生は、孤独で寂しいものです。

 

こちらの方はズバリ、私も痛いほどわかる感情”本気だから”。

自己防衛として人間不信に陥り、またあの時のように立ち直れないほど傷つきたくない。

そんな気持ちが読み取れるような気がします。

 

 

異性に興味が持てなくなり、恋愛に恐怖心

こちらの方の場合、不倫をされた立場のようで、裏切られた側の”不倫の後遺症”ですね。

人間不信とまではいかなくても、異性との愛だの恋だのに興味が持てないといったところでしょうか。

相手を信じれば裏切られることもあり、また切ないほどに誰かを愛してもその人が他の人と隠れた愛を育んでいるかも知れないと言う不信感や恐怖心が”後遺症”となって現れているのだろうと思われます。

 

自分の心を騙して自己防衛

こちらの方も不倫をされた側の立場で思う後遺症ですね。

不倫をした配偶者に対して、事実を消せない辛さから逃避するために相手への興味を消滅させるかのように無関心を意識した日常。

自分の心を隠し続けなければならないという状況が、後遺症だと感じてらっしゃるようですね。

不倫をした相手とこれからも生活を共にしなければならないのなら、相手に起きたことを思い出さずにはいられないと思います。

記憶も起きてしまった過去もは思ったように消せませんから、心を騙すのか、そのことを許せる日が来るのか、辛いところだと思います。

 

一生ものの心の痛み

こちらの方の場合の立ち位置も不倫をされた側なのでしょうか。

詳しくわかりませんが、この感情私個人としてはとてもよくわかります。

とにかく心に追った傷が大きすぎて、一生これを抱えながら墓場まで持って行くのだろうと想像してしまいます。

消せない過去、忘れることのない記憶と共に生きていること自体が、”不倫の後遺症”だと私は感じています。

それが現在どんなに幸せな状況に置かれていても、これらは忘れてはいませんし、許された過去でもないのです。

 

不倫拒絶反応

こちらの方の場合も不倫をされた側の立場ですね。

不倫や浮気で痛手を負っている心がある方が、ドラマやニュースでこの手の話を見ると良い気はしないという感情。

私もドラマで浮気や不倫ものがあってもエンターテイメントとして楽しんでみているはずだったのに、いつのまにかその手の話題そのものが嫌になり拒絶するようになりました。

不倫の後遺症の反応と言えば、そうなのかも知れませんね。

 

消えない身体的傷

これは私の体験ですが、精神的に、心で痛みを伴い後遺症と感じていることだけではなくこのことがきっかけで追った体の傷が副作用です。

この傷を思い出すたびに不倫の過去を思い出す引き金を引いてしまうことも。

私はうつ病を発症し、自傷行為で精神を保つようになってしまった時期がありました。

12年も前のことになりますが、ケロイド状の傷が消滅せずまたこれによって接客業が難しく仕事に制限が加わっていることも自分の過去を悔いてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

終わったのに辛いこと

”不倫が終わったのに辛いことって何ですか?”

私が真っ先に回答することは「不倫の後遺症」と答えます。

不倫相手と結ばれなかったことでもなく、会えない辛さでもなく、破局した悲しみよりも「不倫の後遺症」が辛いと感じています。

それはまるで砂時計をひっくり返してまたすぐに元の時間に戻ったかのように、ずるずると尾を引く感じがしています。

これは自分のメンタルが落ちている時なんかにこうなるのでしょうか・・・。

ちょっと自分でもよくわかりませんが、忙しく子育てをしていても自分の過去を悔やむ瞬間、時間、日が存在しています。

 

その時々で今は終わった悲しみが強い方、不倫をされて憎しみが残る方、それぞれの立場で感情も違うと思いますが、それぞれのその感情のピークが終わると「不倫の後遺症」を感じはじめるのではないかと考えています。

そこがとても長く、終わりが見えず、一生このままなのではないかと思うほどです。

 

スポンサーリンク

私の支えになったこと

不倫の後遺症との戦いは、とにかくなにかに夢中になることが大事だと思っています。

”忘れるぐらい幸せな相手を出逢う”

それももちろん良いですが、異性に対する恐怖心や恋愛に関心がなくなってしまうケースもあると思います。

参考までに、私の支えになったことはとあるアーティストの歌詞を聴くこと。

 

Janne Da ArcAcid Black Cherryと言うビジュアル系バンドのyasuさんです。

歌詞の内容は男女の歌が多めで、辛い感情によくわかると涙しながら聴いてはストレス解消できていたと思っています。

購入されることがあれば歌詞カード絶対みて下さい。

男性側、女性側、どっちの気持ちも痛いぐらい伝わる歌詞に涙が流れました。

 

”こんなに辛いなら 愛なんて信じない” 
※Janne Da Arc「 ヴァンパイア」より歌詞引用 作詞作曲 yasu
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CD/JOKER (CD+DVD)/Janne Da Arc/AVCD-32053
価格:3021円(税込、送料無料) (2020/10/22時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『2012』 (Type-A CD+DVD) [ Acid Black Cherry ]
価格:3857円(税込、送料無料) (2020/10/22時点)

 

私は、『少女の祈りⅢ』と言う曲が大好きです。

自分に重ねて、子供との人生に感謝しつつ生きています。

 

私がyasuさんに恋をするようになって、叶わぬ恋だし不倫にもなり得ないけど熱狂的に愛することは私の自由だと、夢中になれました。

心のモヤモヤした感情を歌ってくれている気がしていますし、こう考えればいいんだ?

と言う自分なりの答えも出せたように思っています。

私を支えてくれた人は、Acid Black Cherry・Janne Da Arcのyasuさん。

良かったら聴いて見て下さい。

『指輪物語』と言う曲も心打たれます。

 

辛くなった時、Acid Black Cherry・Janne Da Arcの曲を聴いては大泣きしてしまい、気づけば気を持ち直して過ごしていました。

これからも私の心の支えです。

あなた流の心の支え、見つけられることを祈っています。

 


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

不倫をした側とされた側と、立場で感情は違いますが残るものは「不倫の後遺症」。

自分で蒔いた種と言う状況の方、上にもご紹介したように「不倫は突然事故に遭ったようなもの」

と言う状況の方色々ですが、どの立場にせよ苦しい事や辛いことがあり、周りを巻き込んで一切の幸福をもたらさないケースが多いのが不倫と言えます。

もちろん、さまざまな事情により不倫の末略奪愛の成功で幸せを手にする方もいますが、多くは辛く苦しい結果のようです。

 

今不倫を終わらせることが出来ず悩む人はこう考えて見て下さい。

その相手との終りが辛いのではなくて、その先にあるものの方がきっと辛くなるから、長く深く自分の人生の一部に刻まる記憶や過去となる前に、終わらせる勇気を持った方がいい。

別れを考えると心臓がハカハカして息が乱れるほど怖くて言えなかったのですが、誰かに頼ってでも腐れ縁は終わらせた方がいいと、過去の自分に言いたいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ジャンヌ

タイトルとURLをコピーしました