私が不倫してなきゃこうしてた!今だから思う大後悔!

◇不倫
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

11年間不倫を繰り返した封印の過去を持つ

当ブログ筆者のジャンヌ(@jannejinsei1616)と申します。

 

今、結婚して子供がいるからこそじわじわとわかってきたことがあります。

人の話は聞くものです。

 

自己嫌悪・・・後悔・・・消したい過去・・・。

そう思う事ってみんなあると思いますが、自業自得でしかない不倫。

 

女性の45%が不倫経験あり。そのうち、不倫を後悔していると回答した方が26.8%

掲載元:小学館ダイム公式サイト「@DIMEアットダイム」

 

後悔していない方の方が多いと言う結果らしいのですが、私は大後悔!

するつもりがない不倫だったとは言え、冷静な判断力があれば過ちは起きなかったんじゃないかとただただ責めてしまいます。

過去に戻れるなら戻ってやり直したい。

11年間不倫を繰り返した女の後悔のぼやきが、今不倫の関係に悩む人の参考になるのならと執筆しています。

ジャンヌ
ジャンヌ

今現在、不倫関係に悩む独身女性向けの記事です。

悩んだ挙句気持ちの整理がつけば幸いです。

 

スポンサーリンク

生きていく上で必要なのは結局お金だと気が付く

再婚して思うことが、なぜ過去の私は何もわざわざ選ばなくてもいい不倫関係を続けたのか?と言う疑問。

あの時は本人たちの気持ちが盛り上がって、この人と別れるのが辛いとか、相手も待っていくれって言うから、離婚してくれるのを待っているわけです。

わざわざ色んなものを背負った人生を送っている人と、なぜ一緒になることを考える必要があったのか?過去の自分に聞いてみたいものです。

 

住宅ローンが35年。

家具家電を買いそろえて生活基盤は出来ている。

盛大なる挙式をあげて、親戚身内には祝福され子供を期待されている。

生活基盤が出来上がっているわけですが、それを何年かかって崩してこれるの?

離婚の道を歩み自然と壊れ行く生活を終え、離婚した結末の人とは違う。

今出来ている生活を、わざわざ壊してくる。

果たしてそんなことをしてまで、自分の元へくるの?

もし離婚を成立させることが出来たとしても、状況によっては慰謝料、養育費で無一文かも知れません。

 

独身で結婚に前向きな人と出逢ったら、もしかしたら半年後には結婚をしてすぐに二人の家も購入。

子供だってすぐに考えていい状況になるかも知れない。

おまけに彼は結婚するために貯金していたから、家族で乗る車も新調して・・・。

 

わざわざ試練となるような相手を選び、人を傷つけ、自分もボロボロになった過去。

今思えば、現実的な方をとるべきだと絶対に思うわけです。

あの時不倫相手を待ち続けていたら、彼が離婚してきても妻の住み続けるマンションのローンがあって私は一生働いていなければ支えられない支払いが待っていたと思います。

それが幸せだと言うのならいいんです。

でも私の望む人生は、家庭を築き子供を授かり母になること。

夫の仕事のために主婦をして、家を守ること。

人生のパートナーを選ぶということは、自分の将来設計と相手の将来設計もある程度一致する必要があると思いってます。

ただ、自分でも予想していなかった人にときめいて不倫関係になり、感情が熱くなってしまって既婚者に自分の人生の理想を重ねた・・・。

つまり、私の将来設計にそぐわない、完全に選ぶ相手を間違えている状況・・・。

そうとしか言えませんね。

 

スポンサーリンク

自分の将来を考えた頃にはおばさんかも・・・

私が不倫の連鎖を断ち切ったのが34歳の時。

20代で若くてまだ何もしなくても美を保てたあの頃は、不倫の過去に埋もれ封印されました。

不倫相手と一緒になれる可能性を信じ、バカな自分だと気が付き自分の将来を考え始めた頃、私の妹が第一子を出産しました。

私何やってんだろう・・・。

いつまで私、不倫相手のこと待ってるんだろう?

もう34歳だよ・・・。

自暴自棄になってみたり、自分の将来が不安でたまらなくもなりました。

ゆっくりじっくり結婚相手を見定めることもしようとせず、とにかく何だか一人で焦っていました。目の前にいる独身の異性に、この後の自分の人生をかけてしまった・・・。

今現在、不倫相手と一緒になったと言うわけではなく独身男性と再婚をしました。

34歳と言う年齢、もう不倫関係の人とは付き合わないぞ!と意気込み、結婚を急いだ自分がいたのは否めません。

借金があることも途中で気づいたのに、もう引き返せなくてよしとしてしまった自分。

それも含めて一緒に頑張っていくから!なんて、状況を美化した自分がいました。

 

幸せになるんだ!

幸せになりたい!

平凡でいいし、いい暮らしじゃなくてもいい。

子供を授かって、子育てして、家庭が欲しいだけ・・・。

 

借金を二人で返済して、私の望む子供の出産は遅くなりました。

私の理想とは違うけど、これでいい。

そう思い込むようにしていただけだったのか、人間ないものねだりにもなるものです。

あの時の借金返済生活がなかったら、もうちょっと早く子供を考えることができた。

ブラックリストに載ってるような人じゃなかったら、今頃家のローンを組めたんだろう。

結婚に焦った私が悪いのに、相手を見定める時間の期限を勝手に自分で決めただけだったのに、11年も不倫を繰り返した時間を取り戻したいかのようにとにかく焦った結婚をしてしまいました。

不倫と言う過去がなく、単純に晩婚だったと言う人と違って、私の場合はたぶん不倫の過去にこじつけた後悔がすごく大きくなるものなんだと思います。

私の元に来てくれると不倫相手を信じ、未来の可能性のない交際を続けて、将来をきちんと考えたくなった頃には気づけばおばさん。

そう思ってしまうようになりました。

 

スポンサーリンク

人の人生の時間は∞じゃない

今自分が40歳になると、60歳まであと20年。

約10年もの間、私の人生は不倫をしていた・・・。

どう考えたっていいものじゃありません。

 

人の平均寿命は延びていて、女性だと平均寿命が87歳。

随分と長生きできる時代が来ました。

女性87.45歳 男性81.41歳

引用元:日本経済新聞

とは言え、私が仮に87歳まで生きても人生の半分まであと少し。

残りの人生はあと半分程なんですよね。

もうそろそろ寿命が来るわけでもないのに考えすぎかも知れませんが、40歳まで生きてこれだけ色々ありました。

今からやり直したい部分、やってみたいことがあるけど、今は子育てが一番の仕事です。

そう考えたら、人生残りの時間の少なさを感じてしまっています。

これも恐らく、不倫なんてしていたから時間が惜しく感じているのかも知れませんが、誰にでも言えることは、人生の時間は∞じゃないということです。

未来のない不倫の関係を続けて、気づいたら自分の将来の時間がほんのちょっとだけだったらとても悲しいものですよね。

不倫関係真っただ中の2人にとっては、略奪愛が叶うと信じている。

そういうものだと思います。

ですが、現実的には不倫からの略奪愛の成功率が6%ほどなんだとか。

時代的に離婚率も上がってきているようで、略奪愛の成功率も高まっている可能性もあるにはありますが・・・。

既に家庭崩壊をしている方との不倫であれば可能性は高まるかも知れません。

しかし、最初の方にも言ったように現実的にはお金周りが結構大変なはずです。

私達夫婦も喧嘩をしますが、いざ離婚となればやはりお金の問題があり現実的ではないと二人とも行動に移せないのです。

これと同じように、不倫して略奪愛叶うか否かは現実的にお金。

結局のところ、トータルで言えばあるべき関係ではありませんから早いうちに見切りをつけるべき。

個人的にはそう、強く思っています。

 

ではまたお会いしましょう。

ジャンヌ

 

タイトルとURLをコピーしました