スポンサーリンク

不倫の代償~不倫は慰謝料問題が発生するリスクのある行為です。

不倫
Claudio_Scott / Pixabay
この記事は約8分で読めます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

こんにちは!ジャンヌです。

今日は、

不倫の代償~不倫は慰謝料問題が発生するリスクのある行為です。

という内容のお話していきたいと思います。

 

 

不倫って、良くないんだろうなとは思う。

けど、それって相手に対して悪いとかそんなぐらいでしょ?

別にいいじゃん、何が悪いの?

いやいや、大問題だよ!もちろん本人たちにもいろんな問題が発生しているとは思うけど、法律的にもね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

法律的には違反行為とされている。

Claudio_Scott / Pixabay

まずは大前提である「違法行為」ってことですね。

不倫体験をブログに綴っている私本人が言うのもなんですが、「不倫」という行為は法的にも違反行為とされていることなんです。

不倫をしている最中はそんなことは頭になくて、意識はない傾向にある気がしますが、この意識を持つことは大事だと思っています。

不倫の重圧に精神的に潰れてしまうのは、「自分のものになるのかわからない関係」だとか「いつも好き勝手に会えるわけじゃないしがらみ」とか「人目を気にしてバレないように」だとかとは別に、この法律違反をしている意識も重圧となってくると思います。

内縁関係にあたる男女、婚約状態の男女から夫婦に至るまで、配偶者以外と自由意志で男女関係を持つことが「貞操義務(ていそうぎむ)違反」とされています。

そしてさらにこの行為は、法律上「民法第770条第1項」に規定された、法定離婚事由として認められる原因とされてしまうんです。

 

まあ、要するに何か問題が起きたときには法律的に不倫をしている人がいけないことしてるんだよ!って言う決まりがあるってことです。

細かく言えば、手をつないだ程度ならセーフだとかの判定はあるようなのですが、いずれにしろ大人の男女が手をつなぐだけだなんて言い訳したってなかなか苦しい状況かと思います。(苦笑)

 

不倫していても本人たちが真剣だったら?

真剣だったらとかは関係ない!どんな事情があってもとにかく不倫をしている方が法的に悪者になっちゃいます。

 

もし、法的に決まりがなかったことを想像してみて下さい。

結婚している男女が好きに気が向くままに他の異性と関係を持っても何ら問題がない世の中だったら、とんでもないことになりそうですよね。

たとえば、法的に縛りもないので不倫された側と相手の人と直接喧嘩していたり、不倫をした夫や妻をせめて喧嘩が多発していたり、暴力事件が起きたりなど・・・。

ですので、恋愛は自由かも知れませんが、不倫は違うということだけはしっかり覚えておいた方がよいでしょう。

 

「不倫」を訴えられたら、慰謝料請求も可能!

geralt / Pixabay

法的に違反になってしまうことはご理解いただけたと思うのですが、なんとただで済む話じゃありません。

バレた場合は「慰謝料請求」だって可能な違反行為となります。

 

え?慰謝料?

私たち二人でこっそり会っていたのに、なんでバレたの?

探偵事務所に頼んで証拠はすべて握っているんだから、しっかり慰謝料請求させてもらう。

 

これは、配偶者だけにとどまらず不倫相手にも請求できるんです。

たいがい不倫をしているケースで多い気がするのが、私個人としては男性側が既婚者で女性側が独身がありがちな気がしています。

そして、奥様に内緒で不倫というパターン。

 

女側は奥様に内緒で旦那さんと不倫しているよく言う「泥棒猫」と言う立場。

この場合だと女性側はバレたってやめればいいと思っている場合があると思いますが、実は不倫をしている男性側も独身の女性側も慰謝料を請求されたっておかしくないんです。

 

ごめん、嫁にバレた・・・君にも慰謝料を請求するって怒ってるよ・・・。

私は奥さんとうまくいってないって言う彼のために付き合ってあげてるのよ。なんで慰謝料請求されなきゃいけないの?

 

不倫を楽しんでいるだけのつもりだなんていう方も、是非これは頭において欲しいのですが、とんでもないお金を請求される可能性もある危険なことなんです。

遊びのつもりなら尚の事、ちょっとした火遊びのつもりで数百万円なんてことになったら・・・どうしますか?

最近は探偵事務所などで浮気調査もしてくれるご時世ですから、いつどこで誰に見られているかわかりませんよね。

慰謝料には基準がなく、いくら請求されるのかが恐ろしい!

Chronomarchie / Pixabay

不倫が発覚した場合の慰謝料ですが、不倫はダメ!っていう法律がありながらもこの場合はいくら請求できる!といった明確な基準はないそうなのです。

私も不倫の関係に陥ってしまった時に真っ先にこれが心配になり、また、不倫の関係が続けば続くほどお金の問題も心の重圧となってきました。

早く終わらせなければという焦りと、発覚したらいくら請求されるかわからないという無言の圧力。

そこで調べてみたのですが、何となくの相場はあるようです。

  • 浮気だけ・・・50万~100万
  • 浮気が原因で別居・・・100万~200万
  • 離婚・・・200万~300万

 

それにしても50万円~とは、思ったよりも高い気がします。

普通に暮らしている人が急に50万円とか払えますか?

最低ラインからだったとしてもなかなかの金額ですよね。

不倫が原因で離婚してしまった場合は高額となっていますが、不倫相手と真剣になってしまったから離婚したいとなった場合でもこんな高額な請求がくる可能性があるってことですね。

しかもこれは、配偶者だけではなく相手方にも請求できるわけですから、不倫された人が訴えて慰謝料を請求する場合、かなりの金額になる可能性があると思います。

 

 

奥さんと別れて私と一緒になれるチャンス!?

でも慰謝料が300万円?どうしよう・・・。

すまない・・・。慰謝料が払えないから妻は離婚にも応じてくれないし、君との関係も続けられない。

 

ちなみに、全てがこの相場の通りというわけではないようで、状況に応じて左右されるそうです。

たとえば、不倫をされた方が精神的なダメージが大きくうつ病を発症していたりすれば増額となる可能性がある。
もしくは、不倫している相手の方が浮気に積極的だった場合は相手が高額になる可能性があるのだそうです。
逆に、不倫をされた方の配偶者に落ち度があって不倫前から夫婦仲が悪かったりすると減額される可能性もあるらしいですね。
つまり夫や妻と不仲なので浮気しました!って言う状況であれば考慮しますと言う事のようです。

でも実際はお金の問題なんていいから、不倫相手に真剣だ!って言う方もいるかも知れませんが、いざ慰謝料の請求が確定したら本人たちの思いと言うより現実的に支払えない方も多いのではないかと思います。

 

私個人としては、パートナーに不満があって他の異性と不倫という行為をするぐらいなら、しっかり身ひとつになってから考えた方が良いと思います。

「不倫」というのはある意味次のパートナーとなりうる人を確保しつつの保険みたいな行動で、我慢が出来ない人や心が弱い人、無知にも感情のままに動く人は深く考えないかも知れませんが、「不倫」はなかなかなリスクのある行為だという事がご理解いただけたと思います

 

まとめ

KateCox / Pixabay

いかがでしたでしょうか。

不倫って、男女の感情のままに、置かれている状況だったり雰囲気に飲み込まれたりしてしまう人もいると思います。

過去の私もそうですが、その時の状況に飲み込まれて不倫の関係になってしまうと、抜け出すのが本当に大変でした。

罪悪感と戦いながら、精神は潰し、うつ病は発症し、世間様にも顔向けできない行為をしている自分に嫌気がさし、かといって不倫相手への気持ちは止まらず・・・。

本当に苦しい思いをしてきました。

 

なので一つ確実に言えることは、

とにかく早く終わらせるべき!

 

もし相手方に色んな誘惑をされてしまっても、自分を騙し、相手を騙し、その関係を断ち切りましょう。

その方法は何でもいいですが、友達に紹介してもらった異性をお付き合いすることになったでもいいです。

嫌いになったなんてのはどうもうまく心揺るがされる可能性が高いので、とにかく他にいきましょう。

 

でも、気持ちに整理がつくわけもないですよね。

そんな時は、禁断とされている行為で人に話しにくいとは思いますが、人に相談するのも手です。

とにかく打ち明けてみて、真剣になって周りが見えない状況から救い出してもらって下さい。

誰かに話すだけでも効果絶大だと思います。

 

そして、法的にどうのなんて理屈もうまいこといいくるめて関係を続けようとする異性もいます。

そこは時間をかけるだけ無駄です。

離れてしまえば心も離れます。

 

そこを肝に銘じて、もし不倫に悩む方がこの記事をご覧になってくださっていたのであればがんばってみて欲しいです。

きっとあとですごく寂しいですし、すごく会いたいと思います。

でもそれでよかったと思える日は、その先にあります。絶対。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました