スポンサーリンク

不倫の行く末、どんなことが考えられる?いくつかのパターン。

不倫
ijmaki / Pixabay
この記事は約17分で読めます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

みなさん、こんにちは!ジャンヌです。

今日は、周りにいちいち喋ったりしない「不倫」をしている事実。

悩んでも一人で抱え込むことが多いですよね。

そこで、

不倫の行く末、どんなことが考えられる?いくつかのパターン。

を、お話していきたいと思います。

 

ところで不倫って、なかなか人に言いませんよね!?人からもあまり聞きませんよね!?

人に喋れない理由としては、こんなことがあげられると思います。

 

  1. 法的にも問題のある良くない行動・行為だから。
  2. 社内恋愛なんかだと人に喋るとバレるリスクを背負うから。
  3. 喋ったことでひょんなことでバレないようにしたいから。
  4. 話した相手にも反対されたり嫌われる可能性があるから。

 

私も不倫の関係になってしまった時、最初はだれにも言えませんでした。

だんだん苦しくなってきてしまった時に、妹にだけ打ち明けたことがありますが、友達になんかはそんなこと絶対に喋れないと思っていました。

だけど、本当は誰かに話を聞いてもらいたいし悩んでいるんですよね。

 

そこで私は何度も何度もインターネット上の占いサイトだったり、コンピューター鑑定サイトだったりを行き来して、ついには課金してお金を払ってでも私たちの不倫の関係について調べようとしました。

今は電話占いなんかもあって、知っている人には話せないことはもってこいですよね。

 

正直、気に食わない鑑定結果だとまた別のサイトで私たちの不倫の行く末がいい結果で表示されるところを探したぐらいです。(苦笑)

つまり、大半が反対する関係であると、うまいこと出てくるもんなんです。

不思議ですよね。名前と生年月日なんかで鑑定している二人でも、「あなたたちの未来は苦労が待ち受けているでしょう」とか出てくるんですよ。(笑)

占いにはいくらかけたかわからないですが、それでも当時はそれが気休めでした。

だけど、それだけでも自分の心に溜め込んだ何かを外に出すって行為が大事だったかなって思ってます。

Rirriz / Pixabay

 

さて、気になるよそ様の行く末ですが、不倫をしている本人たちは、

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちこそ絶対にうまくいく!

そう信じているんですよね。
ところが、私も不倫している当時、およそ11年間に及んでネットで調べ尽くしてきた情報の結果は、

不倫の行く末にハッピーになっている人はほとんどいない!

ということです。
例外的に何かあったとしても、何かしらの代償があるという事がほとんどです。
調べた情報や、身近で不倫をしていたことのある妹のお話も交えてどんな結末が多いかをまとめてみますね。

社内不倫はどっちに転がっても退職の可能性がある

まあまあよくあるのではないかという社内での不倫。

男性側が既婚で、女性側が新しく入った新人派遣だったり・・・。

私も何を隠そう社内の人と不倫した事が3回です。

 

4回あるうちの3回が社内で、残り1回は習い事の教室みたいなところで知り合ったので、ここも社内恋愛に近いようなものがあると思います。

そう、意外にも社内とかの自分が置かれている環境、仕事関係の人と不倫に陥る確率は高いように思います。

私の妹も、たった1回だけ不倫になってしまったことがあったのですが、社内でした。

相手が社内だと仕事のこともわかるので、二人で会っているときにちょっとメリットもあったりするんですよね。

 

 

〇〇さんってどんな人なの?なんかいっつも承認のハンコもらうとき怖いんだよね。

(入ったばかりの派遣なので情報収集)

 

あの人はあんま愛想は良くないけど、部下を守るって気持ちが大きい上司だから、今度飲み会なんかではしっかりご挨拶しておいた方がいいよ!

俺もね、結構かばってもらってて頭あがんないんだ〇〇部長には。

 

そんな会話もすることがあるのではないでしょうか。

不倫をしている独身女性にとっても有益な情報があるし、妻子持ちの不倫男性にとっても浮気程度の関係のつもりの子でも自分の情報を有益だと思って聞いてくれると思ったら、嫌な気はしないでしょう。

そのために長くずるずると引きずりやすいのも傾向にあると思います。

 

一方で、社内であるからゆえに別れた時のリスクもあり、そこを背負うのも怖いので何となく別れずずるずる付き合うパターンにもなりがちだと思います。

 

私は奥さんと別れてでも彼と結婚したいわ!

私はまだ若いから、いつまでも待っててやる!

参ったなぁ。いざ離婚したとしても彼女と結婚したら、社内で不倫していたことがバレるようなものだ。彼女には仕事辞めてもらうしかない・・・。だけど子供を考えると妻との離婚は現実的じゃないなぁ。

このまま不倫をやめてもいずれにしろ彼女には社内から消えてもらわないと都合が悪いなぁ。

こんなようなことが現実だと思います。

男性側からしたらどっちにしたって彼女とこのままずるずる関係を続けて現実を見ない方が幸せだと思いますが、遅かれ早かれ不倫相手の彼女が社内にいることが都合悪くなるはずなんです。

すでにこの段階で、この二人がどんなに真剣に関係を続けていても、その次のステップに行こうとしたときに問題が発生するのは目に見えてますよね。

社内不倫の行く末は、どちらかが社内を去る必要があるというのがほとんどのことだと思います。

 

 

ちなみに私の場合は、派遣だったので必ず任期があり終わりがきます。

そういう相手にこそ相手の男性も手を出しやすかったのかも知れません。

どうなったって必ずその派遣先は去るので、問題になったことはありませんでした。

 

私の妹の社内不倫も、男性側が既婚で妻子持ち、妹が独身でしたが、ここは意外にも男性側が社内を去るんです。

というのも、破局が原因で退職したのではなくたまたま独立開業したくて会社を辞めたから痛手がなかったというだけ。

本当であれば、どっちに転がったってどちらかが身を引かないといけない(退職する)状況に陥るはずなんです。

 

もしどちらも社内に残りたい場合は、会社によっては人事異動でなんとか退職はしなくてもいいようにできるかも知れませんが、またどこかで同じ部署や同じビルになる可能性を考えながら働くのは、気が気じゃありませんよね。

 

相手にバレてしまった!思いのほか高額慰謝料を請求されてしまった。

誰しも不倫がバレないようにと小細工をして関係を続けているはずなのですが、携帯をチェックする配偶者の方だったり、案外人の目ってのがあってバレることもあると思います。

 

特に携帯なんかは、余計にバレやすい気がしますね。

LINEをやっているのは知っているけど、いつの日か急に指紋認証でアプリが立ち上がるようになったら?

着信音鳴らさずやたらバイブで通知がくるようになったけど、メールかなんかなのか怪しい。

と言う気持ちになりますよね。

 

最近は探偵サービスとかもあるので、自分で追及しきれなくたって調べてくれる人がちゃ~んといて、しっかりバレていたりするんですね。

世の中便利になったもので、プロにお任せしたほうが絶対的な証拠が出てくる可能性があります。

経験者が思うこととしては、本人たちでやろうとするとグダグダします。(苦笑)

 

プロに頼った方が良かったなと、今になっては思っていたりします。

プロの方に相談したら、裁判に必要な証拠があるのかないのかしっかりした回答が出せます。

心のどこかで疑い続けるより調べてもらったって言う結果が大事だったりするんですよね。

 

もし証拠がつかめれば、慰謝料しっかり法的に裁いてもらってとることだって可能になっちゃうんです。

そうなった場合の2人ですが、ほとんどの場合で不倫の関係は終わりだと思います。

例えば男性側が妻子持ちの場合で高額の慰謝料を払うことになるなら、離婚せずよりを戻して反省するので額を下げてもらうことを選ぶことがほとんどだと思います。

自分の生活もありますし、子供の養育費の問題もありますから、生きていくことすら難しくなってしまいます。

そこまでされたら妻の元に帰る男性が、現実的に多いようです。

 

そして、そんな話にまで発展したら独身女性も不倫相手と関係を続けたいと思いますか?

 

高額な慰謝料払ってでも私たち一緒にいたいわ。

私ずっと働くから、お金払っていきましょうよ?

その気持ちはすごく嬉しいよ。

ただ、現実的に僕はこのまま慰謝料を払って何の財産もない状態で君と一緒になり、毎月の養育費を払うと生活費が10万円ちょっとになる。

まるで新卒の社会人みたいな暮らしになる。

そんな状態で君を幸せに出来るか、一生共稼ぎしてもらわないとならないはずだ。

お金のことは心配しないで。私働くから。

こんな展開で一時幸せをつかむかも知れませんが、現実的に二人の子供を授かったりしたら、暮らしが大変になることは目に見えています。

不倫の代償と言える生活が待っているのです。

これを想像した時、たいがいの男性は家庭に戻る選択肢をしているようですね。

これは、女の私が思うに奥様の方が勝ったとかそういうことじゃないと思っています。

人が生きていく中で、絶対に背負いきれない現実があればそっちの道を歩もうとしないのが人。

不倫している女性側にとっては彼が忘れられず吹っ切れないかもしれませんし、家庭もなければ子供が大事な意味も理解しにくいのかも知れません。

でもこのお話の通り、不倫の行く末にあまりハッピーな話がないのが事実だと思います。

 

W不倫で二つの家庭が壊れてしまった!お互いに慰謝料の請求

結構最悪なパターンですよね。

お互い家庭持ちの男女でお互いにバレてしまった場合に、お互いの配偶者から慰謝料を請求されると言うパターン。

お互いに現実をわかっている家庭持ちなためにバレたら別れるつもりではいたけど、配偶者が黙っていない!

 

慰謝料を請求されてしまった!というパターンはなかなか大変だと思います。

この場合だと女性側の不倫者が主婦だったりすることがかなりの確率であると面ますので、どうなると実質ご主人の稼いだお金から慰謝料を払わないといけない状況になるかと思います。

そうなったら余計な火種がまた増えてしまい、喧嘩をするだけならまだしも女性側だけは離婚をつきつけられることもあるようですね。

 

でも、考えてたらそりゃそうかも・・・。

勝手に不倫して、挙句に慰謝料請求されたから何とかお金工面してくれないかと頼まれ、そんなことしてたのに自分の元に帰ってくるつもりでいてお金まで払わされる。

そんなことを許すご主人っているのかなぁ?と、思ってしまいます。

 

この場合だと泥沼になりすぎて代償が大きい可能性が高まると思います。

最悪のパターンでは、お互いに何もかも失って、慰謝料と養育費に収入のほとんどが奪われ毎月自分一人で生きていくのすら大変な日々が待っているかも知れませんね。

 

不倫の相手の子を妊娠!産んでも産まなくても関係は泥沼!

このパターンは私も経験しました。

なかなか最悪です。

 

と言うのも、私としては当時は真剣になってしまっているので、子供を妊娠したら私のところに来てくれると信じていた分からず屋でした。

ところが、この場合に相手は妻子持ちの男性だったりすることが大半だと思うので、我が子と愛人の子を養うと言う現実をつきつけられるわけです。

 

奥様と離婚して子供に養育費を払い、不倫相手と再婚して新しい子供も養うという現実を想像した時、たいがいの男性は困った感情があるはずです。

例え不倫相手の子供が欲しいと思うほど愛していたとしても、離婚もしていない不倫と言う関係の時に授かるというタイミングが誰しも困るはずです。

 

それもこれも二人の責任なので本人たちが悪いのですが、いざとなると困ると言うのがよくある話。

このタイミングで不倫の関係を終える人がほとんどだと思います。

 

産むにしても産まないにしても、離婚して産まれてくる赤ちゃんのために再婚しても、代償はあります。

 

産む場合、二人は念願の再婚を果たすことができるかも知れませんが、生活は一般的なサラリーマンの収入であれば貧困が待ち受けているはずです。

産まない場合は破局をし、不倫の関係が終わります。

女性側は大きく傷つき、体にも負担がかかります。

 

一人でも産むと言う選択をしたら、シングルマザーで通常の家庭の暮らしよりは絶対に困難。

大変だし不倫相手に捨てられたようなものだという傷も残ります。

 

男性側は妻にバレずに元の家庭に戻って奥様とよりを戻すことになっても、中絶手術の費用の負担もあったことでしょう。

 

妊娠を機に泥沼化して、不倫の関係を終わらせるきっかけが出来るのは心に大きな傷を負います。

私も妹もこの経験が1回あるのですが、これできれいさっぱり男性の事は忘れることが出来ます。

だけど一生忘れられない傷になっています。

 

正直私は、関係が終わったあともしばらくメールで攻撃していました。

どうしても納得できなかったんです。

子供が出来たと言うのに捨てられたという現実を受け入れなかったし、こんなことで小さな命をどうにかしてはいけないという罪悪感を一緒に背負うつもりがないような相手に対して、すごく怒っていました。

殺意すら芽生えてしまいそうなぐらい、すごく腹だしくてずるい男だと思った記憶があります。

 

でも人のせいにしたって、自分が不倫に応じたことが何よりの火種ですから、自分を責め、うつ病の症状が悪化したという経緯があります。

付き合っていた恋人は既婚者!知らずに不倫をさせられていた!

これは私に経験がないのですが、まあまあある話みたいですね。

ただ、このパターンだと想像するに不倫と言うより相手はただの浮気で遊ばれた感が多い気になっちゃう気がしますね。

女性としては。

 

この場合はバレた場合に独身側が随分と傷つくはずです。

想像してみてください。

 

この人、私の彼氏なの!よろしくね!

まじ?恋人出来たんだぁ。へぇ~。いい人そうじゃん。

どうも。僕、先月からジャンヌちゃんとお付き合いしているんです。

たまたま彼女のスマホ落としたところを僕が拾ったら、彼女変な人だと思ったのかめちゃくちゃ早歩きしはじめて。(笑)

でも僕、スマホ落としたら大変だよなって思ったからめっちゃ追いかけて渡したらびっくりして喜んでくれて。

それでちょっと話したら悪いことしちゃったからって連絡先交換してくれたのがはじまりなんです。

なんか運命的な出会いで素敵だね~

まんまと騙されてしまったと言うショックの方が大きいのかなと思います。

 

つまりこの場合も、略奪愛に成功したとしても最初騙していたという信頼のなさから何かどことなく信用しきれない相手かも知れませんね。

たとえ一時的に上手くいったとしても、不倫からはじまった関係に代償は出てくることでしょう。

例えば、知らないで不倫していたのを知ってすぐに別れようとしたけど心が決まらなかったのでしばし付き合っていた。

なんて事実があったら、相手側の奥さんに慰謝料請求されたっておかしくないですよね。

たいがい気持ちがすぐに切り替え出来なくて、付き合い続けちゃう女性も多い気がしますね。

 

ちなみに調べてみたら、嘘をついて付き合っていたと言う観点で結婚詐欺的な扱いをされると、訴えられちゃったりすることもあるようですよ!

 

不倫相手と結婚できた。

こちらはなかなか少数派ですが、割り切った人以外は誰もがここまでのゴールを想像して不倫しているはずですね。

結論から言うとネット検索した結果、約30%ぐらいの方しか結婚には至らないようですね。

 

この辺の話が、不倫をしていた頃の私は最も知りたいところでした。

 

みんなどうなの?頭ではわかってる。

ほとんどが結婚まではできないんでしょ?

お互いにどのぐらいの気持ちのレベルかで違うとは思いますが、大概の人の片方が割り切った関係のつもりだったり、家庭があっていざとなったら家庭に戻るしかないと思っている人だったりで結婚すると言うところまで想像していないのではないでしょうか。

 

 

ところが、特に女性側が独身だったりすると常々結婚と言う未来があるのか想像したり、そんな言葉が彼から出てくるのかを見ていたりしますよね。

ですので、結婚するに至る場合の不倫はもともと家庭がうまくいっていなくて別居中だったり、配偶者も不倫しているので自分も誰かいればそっちにいっちゃおうと言う状況の人ぐらいでしょうか。

 

どんなにお互い真剣でも、慰謝料や子供問題により現実が伴わない場合が非常に多いはずです。

ただ、たとえこの3割の中に入って結婚できたとしてもその後の人生において、この不倫で得た結婚の代償は背負うことになるはずです。

 

養育費や慰謝料なんかで人よりも経済的に貧困が待っていてギクシャクしたり、不倫して結婚したぐらいの人なのでまた他の人に不倫を軽い気持ちでしてしまったり。

不倫をしているから離婚したいと言うことを完全に隠して、たとえうまく不倫相手と再婚しても、不倫の時効は法的に20年なのだそうです。

いつ掘り返されるかわからないですし、どちらかと言うと離婚してまた再婚したと言う風をうわさを聞き付けた元配偶者は絶対に疑うはずです。

実は不倫していたから自分と別れたの?と言うようなことも起きるかも知れませんね。

 

ちなみに、不倫をされていた側が不倫の事を知ってから3年の間、配偶者と相手に慰謝料を請求することが可能なのだそうです。

例えば、妻が夫に不倫をされて、「俺たち性格が合わないと思っていた」などと不倫を隠して離婚したとしますよね。

でもその後すぐに再婚したと言う元夫が怪しいと思い調べてみると、不倫をしていたから離婚したのではないかという可能性が出てきたとします。

そこでまんまと証拠が出てきた場合に、離婚後にもお金を請求できるので、妻側が離婚したことでパート暮らしなんかをしていて生活が苦しいとなったら、慰謝料を請求したくなるのは当然かもしれないなと、個人的には思いました。

 

ですので、結婚と言うゴールに向かって不倫をしていても、どちらにしろあまりハッピーな結婚ではなさそうな気がしています。

今だから冷静にこのことを考えることが出来ますが、もし私が不倫相手と結婚できていたら、幸せそうに暮らしながらも色んな代償を背負いながら一生を生きなくてはならなかったんだなと思います。

 

つまり、不倫から明るい未来を想像して生きていこうなんて話そのものがなかなか難しいことなのだなと思います。

もちろん、不倫したのが夫や妻からのDVによるもので、そこから逃げ出したくて不倫をした人が離婚も出来て再婚も出来て、代償は背負っていてもはるかに幸せに暮らしているなんてエピソードもなくはないかも知れませんから、100%不倫からの結婚が不幸であるとは言い切れませんが・・・。

 

そうであるなら身ひとつで、不倫と言う関係に持ち込まないのがベストだと思います。

不倫をすることでのリスクの方がはるかに大きくなるはずですから・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

不倫をしている人は、ひとさまがどんな最後になったのかめちゃくちゃ気にしていませんか?

みんなそうであっても私たちだけは違う!

そう思いたい人も多いはずです。

 

でも、私がこの記事で書いてきた内容をよく思い出してみて下さい。

彼を、彼女を、自分のものにしてもその関係が不倫である限り明るい未来はないと思えるような代償がたっくさんあるんです。

 

私は母の教えもあって、こう考えるようにしています。

 

世の中、ご縁。

結婚してから出会ったと言うことは、ご縁がない相手。

たとえ今の夫と不仲であっても、ご縁があったからその夫とは一緒になった。

一方で、ご縁がない人との出会いは絶対に一緒になれないような試練があったりするもの。

つまり、ご縁があればきっと不倫と言う関係には立たされていない二人なの。

 

私個人としては、運命の人かどうか不倫相手の事を信じてみたい気持ちになっても無駄だったんだなと思います。

運命の人だったらきっと、結婚していないんですって。

そう思ってます。

 

不倫の行く末は、不倫の終わりです。

不倫の行く末は、結婚じゃないです。

未来のある人と出会って、結婚するために、不倫の行く末にはちゃんとけじめをつけてお別れした方がお互いのためなのではないかと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました