スポンサーリンク

ただの彼氏だと割とすぐ別れてきたのに、不倫相手との別れは辛い。不倫経験者が思うこと。

不倫
pixel2013 / Pixabay
この記事は約9分で読めます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ

みなさん、こんにちは!ジャンヌです。

今日は、

ただの彼氏だと割とすぐ別れてきたのに、不倫相手との別れは辛い。不倫経験者が思うこと。

と言うテーマでお話していきたいと思います。

この記事を不倫に悩む女性に読んでもらえると、気持ち的に何か解決するかも!?です。

 

いやいや、しかし私もわかりますよ~。

痛いほどに。

ただの恋人だったりすると嫌な面が見えたらす~ぐ「別れる、無理!」と言っていた私。

でも経験上不倫相手だとどうにもこうにも別れが辛い。

 

どうして不倫相手と会う時ってすごくときめくし、待ち遠しいのだろう。

きっと、運命の人に違いない・・・。

何度そう思ったことか。

という、筆者ジャンヌでございます。

 

が、今となってはうまいことそういう心理が働くんだろうなぁと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会う時間が限られている!家庭をもっている者のしがらみが愛をはぐくむ。

まるで年に1回の七夕で織姫と彦星がやっと会えるかのごとく、不倫相手と会うのは貴重な貴重な時間ですよね。

デートの時間だって気まぐれに「今夜は朝まで一緒にいたいな」なんて許されません。

 

すまない。今日取れる時間は22時までってとこ。

嫁さんが友達と飯行くって行ってたからこっちも夕飯、一人でなんか食ってくるって名目であんま時間ないんだ。

わかってる。約束の時間には戻らなきゃね。

二人の時間は切ないほどにあっという間なわけです。

 

少ししか会えないけど私は彼が大好き。

またいつ会えるかなぁ。

家に帰ると現実かぁ。

嫁さんなんかよりもよっぽど俺の事を大事にしてくれる。

通常の恋人同士の時間経過と違って、自分たちの都合だけではデートの約束すらこじつけられない不倫。

たまたま家に遅く帰っても問題ない日があったり、休日友達との約束を装って日中は好きに外出できるけど流石にどこかに泊まってはこれない。

そんな事情を考慮しながらの交際は、なんだか二人の距離を引き寄せては離しての繰り返しのような感じですよね。

 

この感じこそが、より一層お互いを愛おしくそして特別に感じるため、心底「大好き」だったり「愛している」と言う仲になりやすいのではないかと思います。

「恋愛中はこんなに好きな人いなかったのに、不倫の彼の事は別。」

と、言う状況になるのも心理がわかればなぜだかわかるような気がしませんか?

自由な恋愛が出来ない分、相手を大切に扱う説。

通常のカップルだと、わがままな自分をさらけだしたり、甘えたり。

最初は緊張していても、ありのままを相手にみてもらおうとしますよね。

その結果、時に喧嘩をすることだってあります。

 

でも、不倫の関係だと自由な恋愛が出来ませんよね。

少しの時間しか会えない中で、喧嘩をしたいですか?

次いつ会えるかわからないのに。

やっと会えたのにわがままを出して相手に嫌われるかも知れないと思ったら、いつもいい子でいようとしてしませんか?

甘えすぎてめんどくさい女だと思われたらいけないと、素直な自分をさらけ出しにくくありませんか?

 

そういう気持ちこそが、思いを膨らませていると思うんです。

わがままを言いたいけど我慢していると、もっと一緒にいたいと思い、甘えたいのに甘えられないとよりいっそう、寂しさが増す。

 

不倫とは言え”恋愛”をしていることに違いはないけど、通常のカップルの恋愛に比べたら自由度が少なくて、また自分の感情をさらけ出すのも控え控えめになるはずなんです。

そうすると、その”欲求”が貯まりやすくて、「会いたい!」「寂しい!」「もっと甘えたい!」のパワーが強まるはず。

 

「こんなに相手の事考えたのはじめて・・・」と言うぐらいに、不倫の相手に対して愛情を抱いたように感じやすいのではないかと思います。

結婚している人と言うのは、ある程度家庭的で魅力的に映るもの。

これは私がすごく感じるところですね。

男性もご飯が作れる女性が良いと思う人は家庭感のある女性がタイプなわけですよね?

 

女性も同じように、男性でも家庭になじむ要素がある人って何となく惹かれるんです。

子供の事をよく可愛がる男性だったり、スーパーの買い出しとかも手伝ってくれそうな人。

家にいる時に風呂掃除はしてるなんて話を聞いたら、なんて家庭的!

 

と、思いませんか?

それって家庭のある男性にとっては日常で特にアピールのためにそうしてるつもりもないけど、「家庭的で良い男」と感じ取られやすいポイントかなと思っています。

 

実際、周りでも家庭的なことが出来る男性の方が婚期が早かったりしませんか?

結婚に対して憧れているほどでもないけど、結婚をしたいと思っている男性は家庭を持つと言うイメージが少しは出来ている人だと思うんです。

 

そういう家庭の匂いを感じる人を目の前にして、一方で結婚とか想像できない!と言ってるただの彼氏を比較してしまうと、家庭が想像しやすい方がモテるのかなぁと思います。

つまり、既婚男性は惹かれやすい要素を持っている!と言うだけで、その人が特別今までで一番でなくても錯覚しやすいと思っています。

 

未来もない関係・・・言葉に責任をとらなくてもいいような錯覚に陥る。

これも私はすご~く感じてきましたね。

相手の男性の心の真相はわかりませんが、不倫の関係の時はなんとも無責任発言が多い気がしました。

 

君と結婚したら、毎日美味しい料理が食べられそうだね!

え?結婚を考えてくれてるの・・・?
いえいえ、騙されちゃいけない。

既婚で結婚出来る条件じゃない人が何を。

この国は一夫多妻じゃないの!

毎日一緒にいたいな。

いられないから言ってるだけなんでしょうけど、

そんなこと言われたら正直嬉しい♡

一緒にいるだけで楽しいね。これがずっと続くといいね。

奥さんにバレたらおしまいってこと?

いやだよ、そんなの・・・。

ずっと一緒にいたいって言ってくれてるんだから、

きっと私との未来も考えてくれているはず・・・。

わかってるだろ君だって。

うちは子供が小さいんだ。

離婚は現実的じゃないよ。

無責任な事言わないでよ!

どういうつもりで言ってるの?

ちょっとまってよ。

そのくらいの分別はついて聞いてくれてるかと思ってた。

普通のカップルであれば一緒にいるために同棲をはじめたり、手作りのご飯を食べるためにお弁当持ってったりと、理想をすぐに実行にできますよね。

ですが、不倫じゃそうもいかないので、恋焦がれやすい心境になるのかなぁと思います。

 

でも、これらの言葉には何の責任も感じていないことが多いように思えてました。

聞かされる女性は本当にそうできるようにしてくれるのかなと思っちゃいますが相手は無理だからこそ夢語ってるだけのパターンが多いように思います。

 

それって言葉に責任持たなくてもいいからでしょ?、と、今となっては思う私なのであります。

多分男性側も「お互い、離婚も難しいし無理な関係だってわかってるでしょ?」と言うイメージで話している場合があると思います。

 

色々言っても、現実として実行不能な状況のために言いたいこと言いやすいのかな・・・なんて。

この記事を読んでいる不倫中の女性は、この感じで言われたこと「あるある!」と共感して下さっている方いるのではないかと思っています。

 

普通に考えたら”ずっと一緒にいたい”なんて真に受けたい言葉ですが、不倫中に男性が発するこの感じの言葉は単なる”叶わぬ夢”だったりする気がするのでご注意下さいね。

不倫の時期が自分にとって”結婚適齢期”だと依存しやすく本気になりやすい。

私がはじめて彼氏と言える人が出来たのが高校生の頃でしたが、最近は早くて中学生でも恋人がいる人がいますよね。

中学、高校、大学、社会人なりたての頃ぐらいまでは恋人と付き合っていても、割と嫌だと思ったらすぐに別れるタイプの人もいますよね。

若いし次の出会いはまだまだあるっていう余裕からも、そんな気持ちが生まれやすいのかなと個人的には思います。

 

なので、別れ自体もどっちかふられた方はひきずるかも知れませんが、若いとさほどドロドロとしない傾向にある気がしますね。

ところが人間、結婚適齢期を迎えると徐々に恋愛相手に対して家庭を持てるかをよく考えたりしますよね。

何歳からか?ってのは人それぞれになってしまうのですが、一般的には20代前半から30代後半にかけて、結婚適齢期かなぁと言う時期に付き合っていた人と結婚するかどうか?

と、考えると思うんです。

 

まさか、中学生の頃に付き合っていた彼氏の方が結婚には向いてたなぁ。

なんて、前の人とより戻す人、そうそういませんよね?

あくまでも結婚適齢期に傍にいた異性と未来のパートナーとして一緒にいたいかどうか考えるはずなんです。

 

そしてこの結婚適齢期あたりっていうのが、ポイントなんだと思っているんです。

例えば女性側がシングルで27・28歳だとします。

職場で知り合った上司で、家庭を持っている方と不倫に陥ったとしますよね。

その人はもう結婚しているぐらいですから30代前半なわけです。

 

女性からしたら結婚適齢期に傍にいる男性なので、未来の事をいっぱい考えるわけです。

そうすると本気になってきますし、「この人じゃなきゃダメ!奥さんと別れて欲しいな。」なんて言う辛さも出てくる。

それは、あなたが「結婚適齢期だから家庭的で素敵に見える相手を逃したくない心理」だと思うんです。

 

今までの恋愛より別れが辛く感じるのはそういう別の条件が組み込まれているからこそであって、”今の不倫相手が運命的な出会いで特別な人”と言うことではないと、私は思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あなたの不倫の恋、終わらせられそうですか?

 

このお話だけだと「錯覚ですよ」と言うオチになってしまいましたが、深層心理は本人すらわからないことだとは思います。

とはいえ、不倫と言う状況が作る環境がより一層愛をつのらせていることは少なからずあるのではないかと思っています。

 

不倫の別れが辛くて悩んでいる女性がこの記事を読んで、少しでも前に進むことが出来たら嬉しいなと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました