ブログ管理人について

この記事は約16分で読めます。

本日は、当サイトの閲覧を頂きありがとうございます。
このサイトは、不倫をテーマにした記事を執筆しています。

ジャンヌ
ジャンヌ

ジャンヌと申します。

不倫の実話として、私が11年間繰り返し続けてしまった不倫エピソードからさまざまな情報を発信していきたいなと思っています。

 

不倫は必ず不幸になる人がいて、代償がつきものです。

当サイトが不倫に悩む人に少しのお役にでも立てれば幸いです。

 

サイト管理人「ジャンヌ」の生い立ちについて~高校時代のいじめ・ネット依存から”うつ病”と”不倫”のポテンシャルを感じる私の青春時代

私の生い立ちについて、お話していきます。

高校時代にパソコンを始めた頃からのことです。

こんな学生時代の過ごし方が泥沼化する不倫を繰り返すタイプとして、ポテンシャル的な要素となったように思えます。

 

時はWindowsというOSが世に出回ったあたり。

といっても興味がない人はなんのこっちゃ?ですが、マウスで動かせるパソコンが出回った頃ですね。

私は、インターネット通信の時代にパソコンを覚え始めた最先端を行く高校生でした。

きっかけは学校の授業。

今の時代となっては当たり前にあるパソコンですが、私の時代は高価なもの。

たまたま商業高校だったので、いち早く導入していた学校だったから触れたようなもので、まだまだパソコンがない学校がいっぱいでした。

「パソコンって、なんて楽しいものなんだろう」

めちゃくちゃ興味津々の私。

数々の部活の勧誘もあった中で、ワープロ部を選びました。

「自分が思っている言葉をすらすらとタイピングして文字に出来るんだ。」

そこでさらに思いは熱くなります。

親には当時超高価なパソコンを分割払いで買わせてしまいました。

「一生のお願い」と言う本当の意味での最後のわがままとして聞いてもらいました。

高校生になってから学校禁止のバイトも隠れてやって、自分の小遣いぐらいは自分で稼いでやる!っていう子だった私。

バイトはしてても貯まるまで待てない!

とにかくパソコンをもっと早く勉強したい!と言う思いから、このお願いは本当に今後はないであろうというレベルの思い切ったわがままだったなぁと思います。

買ってもらってからというもの。

授業で習うことを復習したり、興味のあるところを深堀して勉強してみたりとにかく重宝していました。

そしてついに「インターネット」という世界を知ることになる。

当時はまだ「パソコン通信」という名称で、 昔の電話回線の時代。

電話機に刺し込んである電話回線をパソコンに刺すと言う、今の若い人は見たことすらないものだと思う。

この今で言うところの「インターネット」みたいなものを利用するために親に頼み込んで、クレジットカードで契約してもらったと言うぐらいの熱意。

これで何がやりたかったって、今で言う掲示板や出会い系サイトと言うことになります。

15歳の私が純粋に誰かと出会いたいと思ってやってみたかっただけの話で、今の時代の「出会い系」と言うイメージの使い方をするつもりはありませんでした。

なぜ、ここまで誰かとつながるツールが欲しかったのか。

それは、「友達が欲しかった」と言うことです。

高校の入学式早々にしていじめを受けている気がしていたし、前後の席の子と話すものの気が合わないと感じていました。

正直言って、周りの人みんな嫌いでした。

「どいつもこいつも話が合わない!気が合わない!」

こうは強気で言っても、つまり「いじめ」を受け始めていた頃だったのです。

私は「パソコン通信」の世界の掲示板で“友達”を見つけてやろうと思いました。

がむしゃらにタイピングの勉強をしたし、パソコン通信のやり方だってめちゃくちゃ勉強しました。

周りでやってる子なんていなかったし、全部自分でやるしかなかったから、ドキドキしながらも毎日何時間もパソコンに向かい、ついに私とお話してくれる友達を見つけました。

色んな事が話せる友達が欲しかったけど、とりあえずこんな募集をしてみました。

「進学について悩んでいます。相談に乗って下さい」と言うスレッド。

すると、書き込みをしてくれた人が現れました。

そこからはメールアドレスを交換して、まるで「文通」みたいに毎日のようにメールを送りました。

ここまで話すと想像がつく人もいるかも知れませんが、そう。

いずれこの人が私のはじめての彼氏となります。

7つ年上の、当時大学生の彼。

毎日のようにメールのやり取りはしているものの、実際に会ったのが17歳の時。

たまたま彼の住む街で大好きなバンドのライブがあったので、ライブに行くついでに会ってみようという話。

メールに顔写真を添付しあったことはあったので、何となくはわかっていました。

ただ、会ってみてますます、「不細工すぎ!」と感じたことを覚えています。

でも、「なんて話しやすい人なんだろう」と思っていた気持ちが大きくて、そんなことは気にしませんでした。

そしてお互い、何となく「付き合ってるのかな?」という雰囲気になってきた頃に彼から正式にメールで交際を申し込まれます。

私も、「よろしくお願いします」と言う返事をして交際スタート。

遠方だったので月に1回会えればいい方と言う状況だったけど、それが当たり前で寂しくはありませんでした。

そして私は、ますます掲示板で出会う人を増やしていきます。

深夜まで夢中になってチャットなんかしていると、「現役高校生なの?」と、誰もが私の存在に驚き「高校生なのにパソコン通信してるなんてすごいなぁ」と、驚いてくれます。

”私の存在を評価してくれる。認めてくれる。“

そう思った私は、自分の居場所こそ「インターネットの世界」にあると強く感じ、掲示板で知りあいメール交換をする人が増えていきました。

やはり時代は今も昔も変わらず、現役女子高生だという事で下心がある人がたくさんいました。

「顔見てみたいな。制服姿見てみたいな。」などなど、みんなが私に興味があるわけです。

“なんて居心地がいい世界なんだろう。学校では疎外感がいっぱいだけど、私はインターネットの世界だとまるでアイドル”

そんな世界に酔いしれて、“自分の居場所があるのなら”と知り合った人からの要求にもこたえるようになります。

バイト代で購入したデジカメで写真を撮って、顔を公開していくようになりました。

「かわいいじゃん」

可愛いと言ってくれることが嬉しいし、自分に興味を持ってくれる人がいることがとにかく心地よかったのです。

現役女子高生がおじさんたちとメール交換をするという事は、当時「出会い系」と言う言葉すらしっかり確立されていない世の中で、悪い気はしていませんでした。

「今度、君が住む街に観光に行くから、会わないかい?」

そう言って、自分に会いに来てくれる人も現れました。

“私のために、会いに来てくれる人がいる”

それだけで心地よく、気分は跳ね上がっていました。

 

ただ、みなさんの想像どおり、相手に下心がないわけもありません。

「僕が泊まる予定のビジネスホテルで会おうか」

そんなことを言われても当時の私は、「いやらしい!」と相手を嫌うこともありませんでした。

なぜなら、「自分に興味を持ってくれる相手がいっぱいいる」、「私は、人より一歩先を行く女子高生!」と言う状況に酔いしれているからです。

相手は会社員でバツイチだという事は聞いていました。

実際に相手と会うと、とても優しそうな大人の男性と言うイメージで、恐怖心もありませんでした。

今思うと、とても危険な行為だと思いますが、当時まるで「ネットの中」で生きてるような私にとっては、危険だと恐れることすらありませんでした。

そして少し、私の住む街を観光すると、その人の止まるビジネスホテルへ向かいます。

 

私は何の恐怖心もなかったし、「大人になったのだ!」と言う気でいました。

なぜだろう・・・。

普通は「初彼氏」が相手だったと言う綺麗な思い出にしたいものだと思うのですが、当時は背伸びした私がいたのでしょう。

「子供じゃないからね。私。」

という感情。

これは今となればとても不思議で、とても罪悪感で満ち溢れそうなことなのに、当時はこれらの感情がなく、わからなかったということになります。

でも、もしかしたらこんな気持ちだったのかも知れないと思いました。

“メールのやり取りをしているうちに、知らず知らずに相手の気持ちに惚れ込んでいて、会った時には恋焦がれた人だった”という状況。

彼氏と言える人がいるのに・・・。

でも、今考えるとだいぶまずい行動ですよね。

今でも封印したい過去ですし、当時の自分の気持ちがまったくわからない程です。

 

たまたま犯罪にならなかったから良かったようなものの、このような出会いから現在は殺人事件すら起きてしまうような世の中です。

なんて捨て身な生き方をしていたのだろうと、今でも不思議でなりません。

だけど、当時の私は「ネットの世界で生きる」という位置づけだったのだろうと思います。

それからと言うもの、私は毎晩のように複数のメール相手とメールを交わしました。

ワープロ部だったのもあり、タイピングは一般人レベル以上にも上達して、思考を瞬時に文字に出来る優越感にも浸っている頃でした。

知り合う人もまた増え、私の行動はどんどんエスカレートしていきます。

 

ネットの世界で生きる私は、プライベートではパソコン通信で友達を作りつつ楽しいように思えますが、高校生活のリアルはひどいものでした。

入学した時は前の席と後ろの席の子と3人グループだったのですが、次第に疎外感を感じます。

 

授業で別の教室に移動する時も、なんとなくいつも3人だったのがいつの間にか2人は先に行っていて、私は置いてきぼり。

休み時間のトイレぐらい一人で行くもんだとは思うけど、何となくグループの2人だけで行動して私はいつも一人。

 

こうなると、「はいはい、わかりました。あなたたち私が嫌いならお付き合いいただかなくて結構」

 

こんな気持ちで一匹狼みたいな私。

でも全然問題ないと思っていました。

 

だって、くだらないもの。

友達だと思ってたのにいちいち変な態度し始めて考えさせられたりするの、もうめんどくさい!

 

家に帰るとまたパソコンに向かい、夜中までチャットをする日々が続きます。

同じ街に住む20歳以上年上のおじさんでさえ、パソコン通信をしている人で同じ街に住む人がいると思うと、気安く「会ってみようよ!」って言う話に持ち込んでいました。

今考えるとかなり危険です。

 

私は深く考えることもありませんでした。

 

「私はみんなより一歩進んでいる。大人。」そんなような勘違いをしている頃だったと思います。

相手からすればすごく美味しい話でしょうね・・・。

 

 

学校生活の孤独が強まると、私のパソコン通信の世界の行動はどんどん大胆になってきたように思います。

だけど、ワープロ部の部活動に毎日ちゃんと参加するため、学校は休まずに頑張っているころでした。

 

部活で磨いたタイピング技術。

これによってパソコン通信の世界がどんどん広がって、メール友達がいっぱいいる。

私はもっと、文字を打つことを自在に操ってやる!

 

その闘争心的なものが幸いしてか、部長に推薦されるほどで、自主的に検定もどんどん上の級を受けて合格すると言う熱意あるものでした。

 

部活が終わるとバイトに行って、22時頃帰宅すると急いでお風呂に入り、パソコンに向かう。

彼氏からメールが来ているから返事をたっぷり書く。

そしてチャットの部屋に入ると朝方4時ぐらいまでチャットを続けることもありました。

 

学校のことを大体聞かれるので、いじめられているようだから正直とてもつまらない。

勉強もしたくないし、やめたいぐらいだという話をすると、可哀想がってたいがいの人はたくさん話を聞きたがります。

相手からすれば、いじめに悩む少女の悩みを聞いて救ってあげているつもりで悪い気はしないだろうし、私にしたら毎日相談する相手なんて山ほどいるっていう強気にもなれる状態でした。

 

でも、今思えば、今で言う現役JK(女子高生)と話が出来るってだけで喜んでいるおじさんもいるだろうし、私がいじめられていることや、相談内容なんて・・・どおでもよかった人もいたと思います。

 

時は高校2年生の修学旅行の時でした。

 

私にはネットの世界に友達がいっぱいいる。

私は孤独じゃない。

私は人より大人だから、今に見てろ!

 

そんなつもりでいた私の心が、崩壊してしまいます。

修学旅行の出欠の用紙が配られた時に、悩みもせずに”欠席”に〇をつけて提出した私は教員室に呼ばれました。

当然なぜ欠席なのか?です。

 

「行きたくありません。費用も高いですし、うちは経済的に大変なので。」

そんなようなことを言ったと思います。

すると、はじめて担任を持つという新人教師24歳で茶髪のヤン車(ヤンキー仕様に改造した車高の低い車)の担任は、説得してきます。

 

一生に一度だから何とか都合つかないのか?

 

たしかにそうではあると思います。

でも結局は親も呼ばれてしまい話がめんどくさくなって、参加することにした修学旅行。

 

同じ部屋に割り当てになったのが、まんまと私をいじめている主犯グループでした。

わざとそうしたんだと思います。

男子にもいじめられていましたから、彼女たちが男子に手をまわしていることは知っていました。

きっと夜、男子も部屋に来て私はいじめられる。

覚悟していました。

 

夜の部屋には男子が来たり、私をおちょくろうとしていることがわかったので腹が立って無視をするとヘアドライアーなんて硬いものを投げつけられたりもしました。

 

だけど売られた喧嘩を絶対に買わない。

めんどくさい。

 

そう思っていました。

消灯時間になると、私の分の布団はありませんでした。

そんなような嫌がらせは絶対あるとわかってはいましたから、おとなしく押し入れの中で座布団なんかを寄せ集めて寝ました。

 

そして何かでまたおちょくられた時に、詳しく覚えていないのですが、すごく腹が立ったのを覚えています。

プチっと切れてしまった私は、漏らしちゃいけない情報をもらしました。

 

「彼氏がいる」ということを。

それから、ピューピューだとみるみるうわさが伝わり男子にもその件でつっつかれたりしました。

修学旅行が終わってからも。

話を詳しく聞きたいと、いじめてくるグループが私の周りにむらがります。

 

まるでスター。

私の話を聞きにくるためにむらがる人たちがいる状態。

だけどそれは単におちょくっておもしろがっているだけ。

 

私はここまで言ってしまったらもう後にひけないと思い、7つ年上の大学院に通う彼との出会いや、パソコン通信でたくさんの友達がいることを皆に打ち明けます。

するとみんなの目が一変しました。

 

だけど私は覚悟をした時でした。

これを話してしまったらずっとおちょくられる・・・。

 

それから、あと半年弱頑張れば3年生だと言う時期に学校を休みはじめます。

全部で2か月ぐらい休んでしまったと思います。

その時うちの母親が担任に、修学旅行でひどくいじめられたようだという事を伝えたようでした。

 

ワープロ部の部活もその間は部長不在でやっていてくれたようでした。

そしてある日にワープロ部の顧問に呼び出しされます。

どうして休んでいるのかを聞きたいんだろうなとは思っていたのですが、呼び出されて教員室に入ると先生は謝ってきました。

 

話は聞きました。

それでもジャンヌちゃんは今まで部活は頑張ってきてくれていたのに、気が付いてあげられなくてごめんなさい。

元気にふるまっていただけなんだと気が付くと、本当に申し訳なくって・・・。

 

先生は泣きじゃくっていました。

私はそんなことは気にしないで欲しいと伝えました。

 

先生には最後にこんなことを告げられました。

 

本人の辛さを思うと無理やり学校に引き戻そうとは思わないけど、またこれそうなら部長のポジションはあけてあるので、みんな待っています。と。

 

そのことがきっかけで、私はまた学校に行ってみることにしました。

久しぶりに学校に行って、誰かが「大丈夫?どうして休んでいたの?」なんて声をかけにきてくれることなど期待していません。

 

ほっといて。

 

そんな気持ちが強いまま席に座ると、いじめの主犯だった女の子がやってきます。

 

「いままでいじめててごめんなさい。」と。

 

私は聞いてみました。

「どうして、いじめていたの?」

 

彼女は、

「入学式の時からジャンヌを見て気に入らなかった。

男子がジャンヌに目をつけていたから、私が一番になれないと思ったから潰さなきゃいけないと思ってた。

私は学校を辞めるから、ジャンヌはがんばってね。」

 

驚いた。

いじめの主犯の女子は1年留年した子だったからもうやめずに卒業まで頑張るつもりなんだろうと勝手に思っていたけれど、理由はわからないけどやめることになったとのことでした。

 

主犯の子がやめてからというもの、平和になりました。

髪の毛にムースをつけていっただけで、

 

「あいつの髪の毛洗ってねぇ、きったねぇギトってやがるし。」

 

視線をそっちに向けただけで、

「見んなや、腐るし。」

 

こんな世界だったはずの学校生活が、終わっていた。

いじめのグループに属していた人たちは皆、私に当たらず触らずの態度をしていた。

 

ただ、ここまで一匹狼をしているともう集団行動というのが出来なくなっていました。

次の授業の部屋まで一緒に移動とか、トイレ一緒行こうとか、お弁当一緒に食べようとかうっとおしかった・・・。

 

だって、それを一緒にやったって、明日にはまたどんな態度に変わってるかわかんないんだから、いつも一人の方が傷つかずに済むでしょ!?

 

学校祭があったって私は自由行動の時間抜け出して自宅に戻っていたし、お昼の時間になれば家に戻って食べていました。

 

私はいつだって一人。

だけど寂しくない。

孤独じゃない。

自由って素晴らしい。

 

そんな気持ちを持っているつもりでいる私が、夜になるとまたパソコンに向かいます。

 

「今日はね、学校祭だったけど一緒にいる人もいないしつまらないから家に帰ってた。」

「へぇ~それは可哀想に・・・。」

「いや、私は自由が好きだから平気なの。」

 

こんな感じの子。

何だか妙でした。

 

人とのつながりを求めてパソコンの前に向かっているんじゃないの?

 

そしてついに卒業間近になり、IT業界に入りたいため学校からの紹介を受けずに就職先を自分で決めると言う行動に出ます。

パソコン通信をしているので、パソコンメールが自分で出来る高校生でした。

周りじゃまだポケベルすら持っていない子も多い中、私は自分が出来る技術をフルに活用して、先方の社長に直接採用して欲しいとEメールでコンタクトをとり、面接に行くことになっていました。

 

気持ちはそのことでいっぱいです。

メール交換をしてきた20人近いおじさんたちには、新生活をはじめるのでさようならしたいと伝え、どんどんお別れをしている頃でした。

気持ちがワクワクしすぎていて、お別れが寂しいとかそんなこと考えもしないテンションで・・・。

 

これと同時に、7つ年上の彼とも当然のように「お別れ」をイメージしていた私。

好きでもない、嫌いでもない・・・だけど彼氏。

そんな状況がおかしいと思うから別れようなんて、失礼な人。

だから自然消滅を狙っていると言うのが私の正直な気持ちでした。

 

転居先も告げず、就職すると言う情報だけを与えている状態で卒業式を迎えます。

ネットの世界を知り、何かが崩れていったように思える、私の高校生活3年間が終わり私の生い立ちのお話はおしまいです。

ジャンヌ

タイトルとURLをコピーしました